のんびり朝起きて、のんびり朝食をして、田圃の水入れもしてから超遅く出かけました。目指すは志賀高原でまだ登っていない山々。確か一昨年ショートショート山行で志賀の山を登って以来だが、またショートショート山行スタイルで行く。・・・しかし梅雨らしさは全く感じられない今日この頃である。天気は晴れ、湿度は高そうだし朝から暑い。
■御飯岳 毛無山とのコル〜御飯岳の往復

■硯川の前山第一リフト脇〜渋池〜志賀山〜裏志賀山〜四十八池〜鉢山〜草津峠〜前山第三リフト
御飯岳の山頂

おめしだけ、と呼ぶらしい。地図では道が無いし、ものの本にも残雪期の登頂と書いてあったが、どうも登山道があるらしい気配は以前毛無山の山頂から続く踏跡を見てから実感していた。、ので登ってみました、シッカリ登山道ありました。最近の地図には登山道になっているかもしれないので今度確認しておこっと。
さて、破風峠からでなく御飯と毛無のコル下の林道から登る。踏み跡までは草付きの斜面を登る。踏み跡はシッカリしているし笹原のところは刈り払れていた。が、特に感動を覚えない山だった。山頂からの展望は利かないしも、ひたすら暑かった。
裏志賀山からの赤石山と大沼

志賀山の登山口に車であちこちと迷った。前山第一リフトの斜面を登るみたい。すぐに渋池がお出迎え、気にしないで先を急ぐと志賀山と四十八池の分岐。ここは志賀山へ向かう。直に急登となって山頂着。特に展望も良い事も無い単なる山頂だった。一旦下り再度登り返して裏志賀山山頂。山頂先からは青い大沼と赤石山の展望が良い。しばし休憩である。
四十八池からの裏志賀山

ここはなかなか気持ちの良いところであった。午後4時過ぎているので私以外は誰もおらず静かで実に良かった。池塘が点々としていて良い感じ。
ここから素直に下山しても良いがまだ陽も高いので鉢山経由で下山。鉢山の登りで大汗をかいてしまった。2000mの山頂は以外に遠かった。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

御飯山2160m 志賀山2036m〜裏志賀山〜鉢山2000m


歩行:ほどほど     メンバー:単独
場所:上信国境    記録日:2005年6月25日