テレマークスキー板の利用変遷(2010年12月記述)
カザマ:Mountain Air(185cmだと思う)
1988/11-1991/3(松永氏へ経て芹沢氏保管のはず)
細板、ダブルキャンバー。当時はこう言う板が主流だった。
懐かしいツア:中央アルプスの三ノ沢岳
 山頂からの滑りでアイスバーンでこけて滑落しかけた。
 こんな細板で行く方が変だ。と今は思う。
 他にも天狗原から蓮華温泉へ二泊テント山行をこんなん
 で行っていた。信じられん。(写真はツア最初の飯綱山)
Black Diamond:Valmont X(200cm)
1991/4-現在(,年季が入ってきました19年目)
細板、ダブルキャンバー(だと思う)。
現役です。特にえかったツアは、五竜ski場〜鹿島槍ski場
 北ア 五竜岳と鹿島槍の最高のパノラマ展望コースです。
 登ったり下ったりとウロコ付き板なのではの快適なツア
 ができるよ。
 鹿島槍が特に素晴らしいですよ。(写真は風吹大池)
Black Diamond:Tele Sauvage(190cm)
1991/1-2000/12
シングルキャンバー、当時の上級者モデル
壊れかけています、が保管しています。
 この板が発売した時、テレマークの常識が変わって
 しまったと思います。滑降主流になってきた感じでしょう
 か。 私もこの板であちこち、どこでも、出かけれるよう
 になったのです。
(写真は御山谷、上高地までを撤退)
Black Diamond:Arc Asent(175cm)
2001/2-現在
シングルキャンバー、だんだん太め。現在はシーズン
最初と終わりにボコボコ用です。
 このあたりからごく普通にテレマーカーがスキー場で
 見かける時代になった気がします。板も何だかアルペン
 と同じ様になってしまったと思いますが、滑りは性能が
 良くなったのを実感できした。(写真は毛勝山頂)
Atomic:TM22(170cm)
2005/1-2011/2・・・重倉山で壊れた。この板と一緒に行った山が
多すぎて記念板に
さらに短く、さらに太くなりました。一応カービングか?
 なかなか滑やすい板です。最近のテレ板は、あっと
 驚く値段の高さになってしまっていますが、この板は
 まぁ普通でした。軽量モデルで気に入っています。
 今シーズンはこの板をお供にしていろいろ行きます。
 (写真は角間山)
Vector gride Bold(170cm) 作っているのはOGASAKAですね。
2006/12-現在
高い板なので滅多に使わない。けど勿体無いのでそろ
そろ使います。
姿勢を崩すと板が体の体制を持ち直してくれる様な優れ
ものと思う。しかし欠点は靴がお気に入りのスカルパT4
ではキツイことかも。まぁ太板全般に言えることですが。
(写真は天狗岳東尾根)。
K2 CLASSIC(170cm)
2011/4〜現在
最近はファトはがりで普通の板が安いのはコレのみ
さすがK2なので特に悪い部分は無い。まぁ板とかより
自分の問題の方ですから。
そろそろ歩行モードも欲しかったけどアレは高いので手
が届かない。
(写真は戸隠西岳連峰 弁慶岳南東ルンゼ)
ホームに戻る テレマークスキーのホームに戻る