ホーム]に戻る

羊蹄山 1893m 速攻スタイルの一山目 


■記録日:2014年7月12日 ■4時間22分 ■場所:北海道
■メンバー:単独 ■装備:この間買ったモンベルのグラッグホッパー

朝ホテルで軽く仕事してからレンタカーで出発。借りたNBOXは快適だ。天気は晴れていて中山峠から羊蹄山の勇姿がクッキリ。俄然張り切り心がうづく。喜茂別登山口は少し迷って到着。登山口から林道を行き三叉路を右手に入れば登山道になるが行きは真っ直ぐ通過してしまい、途中から登山道へなんとか入れた。樹林帯を速足で越えてると徐々に斜度がましたてくる。いつの間にか森林限界を超えている。一気に駆け上がったら岩がゴツゴツした羊蹄山の山頂だ。だが雲も湧き始め、山頂にはガスが流れ始めている。外輪山と東側の街、それに支笏湖方面は見えているがクッキリした展望は少なかった。山頂付近にはイワブクロが目立っていた、綺麗だった。それとイワウメの群落もある。
山頂ではおそらく本州から来たオジサンとオバサン軍団が一組いて、なにやらこれで北海道の100名山も御仕舞いと言うオバサンがいた。さて、下山です。下山は一気に駆け下りす過ぎて途中からヒザがガクガクとなってしまった。明日以降の山も続くのでヒザは大事にしないといけない。立ち止まりつつ下山することになってしまった。下山後、車から見る羊蹄山は上部が雲の中と入ってしまっていた。
◆喜茂別登山口1023→山頂1250/1310→喜茂別登山口1445

羊蹄山 山頂と京極の街
羊蹄山は、蝦夷富士とか後方羊蹄山(しりべしやま)と言われているらしい。蝦夷富士はその通りと思うが、後方羊蹄山の方はピンと来ない。まぁ北海道の富士山ですね。

イワウメと火口
この山、山スキーで是非来たいところですね。斜度も適当で面白そうです。火口側も滑るのに適した感じですね。しかし北海道の山は私には遠いので、何かのついでで無いと来れないですね。今回は仕事が北海道にあって登れました。・・・JetStarも乗ったことが無かったので乗りました。LCCって安くて良いです。JALとANAが何故アノ値段なのか疑問になりました。