12/25安房山のつもりだったが焼岳
 昨日と違って天気は良い。テント場より朝焼けに染まった乗鞍岳も見えた。今日は期待して安房山を目指そう。テントを撤収して一路中の湯ゲートへ。道路も昨日と違い除雪が完璧である。ゲート付近に駐車して道路をシールを付けて登っていく。キラキラと雪花?が風に吹かれて舞い降りている。・・・空模様は確かに晴れているが安房山付近は雲がかかっている。さて、そんな風に思っていると中の湯に到着。モデンな温泉宿と変わっていた。宿からの林道をショートカットして宿裏の斜面に取り付き、左手の尾根に上がるのが安房山への登路であるが車道沿いにトレースがある。
激ラッセルは大変と素直にこのトレース(一人の方で今朝入った模様)を利用してしばらく進むことにした。と、安房山の尾根より随分手前の尾根にトレースが伸びていく。
◇中の湯下のゲート8:15〜中の湯8:50/9:00〜2035m地点11:35/12:10〜2060m地点12:28〜中の湯13:36〜ゲート下13:45
中の湯を過ぎて林道を行く(向こうは前穂高)

・・・ぬぬぬっ、これはひょっとして焼岳に向かっているのでは??、と、、、まぁ全員一致で安房山はアッサリとあきらめて焼岳に変更しました。ラッセルで進む気は全員毛頭無いと言うことなのです。考えて見れば焼岳の南尾根も魅力的な斜面なのです。さて、どんどん登りますが先行する方を一向に追い抜かない。かなり早い時間に出てガンガン登っているようである。とても我々40軍団には出来ないことである。
尾根は白い斜面が広がるオープンバーンから針葉樹の森となり、小さなアップダウンを繰り返すと2000mの平坦地にでて、林間より焼岳も見える。ここでも良いがさらに人登りして2060m平坦地へ、ここから先はガスも降りてくるし風もあるので、素直にここを最終到達地点で納得。
パウダー林間滑降!

さて滑降開始である。林間の激パウダー状態の滑降となる小さな登り返しに疲れる。が、ご覧の通りに素晴らしい雪質に納得納得なのである。林間滑降と小さな登りの繰り返しにイヤになりながらも快適な滑降が続くのです。
オープンバーンの楽しい滑り

そうこうしていると大きなオープンバーンが下の沢まで続く所に出る。もうここは行くしかありません。雄叫び一つ二つと歓喜の絶叫となりながら激パフ舞い降りて行きます。超気持ちよい感動斜面です。パウダーランを10数秒程度するともう終わりです。転倒することも無く無事標高差200m弱を一気に下りました。あとは林道です。トレース沿いに滑り中の湯へ。ここから九十九折の車道を滑ってゲート地点の車まではひと滑りです。岐路は沢渡温泉湖畔の湯700円也。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

焼岳 南尾根2060mテレマークスキーツアー


歩行:5時間30分   メンバー:佐藤、太田、塚田
場所:北ア       記録日:2005年12月25日