ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

焼岳南峰+下堀沢2455m 2004年2月21日テレマークスキーツアー


歩行:6時間19分   メンバー:小岱、太田
場所:北ア       記録 日:2004年2月21日
他の焼岳ツアの記録 2003年12月31日下堀沢途中撤退2002年3月5日北峰/下堀沢1993年3月14日南峰
(その他らも二度ほど来ていますが天気悪く途中撤退)

静岡の小岱さんとご一緒した。私よりお年はかなり上だが、クネクネと滑り降りていまうスピードには脱帽。この日は4月の気温で雪は春の雪となっていました。当然パウダーに比べ、ターンは重く疲れました。南峰からの少し下ったところから下堀沢源頭入り込みの急な斜面が今日のお楽しみ斜面。下堀沢は時たま雪が崩れていましたが、まぁ大丈夫そうでした。
梓川横駐車場7:50〜釜トンネル〜梓川左岸8:30〜下堀沢出合8:45〜下堀沢ノド上9:35/45〜2100m平坦地10:24/35〜焼岳南峰11:40/12:00〜下堀沢源頭〜2100m平坦地12:20/40〜下堀沢出合13:13〜釜トンネル〜駐車場14:09(その後滝島温泉)
下堀沢上部を登る

今日はかなり暖かいので雪崩れも心配なのであるが、まぁ大丈夫だろう、と言うことで下堀沢を行く。南向きの斜面からはそれなりに雪が落ちている。大きな雪庇は無いので少し安心。危険地帯のノド部分を越して休憩。
上の写真の少し上から振り返る

振り返ると霞沢岳が大きく見えていた。私も小岱さんもシャツ一枚である。2月なのにちょっと変なのであるが、今日は異常に暖かいのである。
2300mの肩を目指して登る

2100mの平坦地を過ぎる2300mの南峰の肩を目指す。
この辺りから結構風が出てきた。すかさず、カッパを着ての登行となった。2300m肩までは強大な斜面が広がっている。この辺りから山頂までは、どこも魅力的な斜面となっていて良い場所なのである。左が南峰、右が北峰(煙の出ている所、間が下堀沢カールである。)
山頂へ、最後のひと登り

2300m肩を越して最後のひと登りは、南面をツボ足で登る。通常は尾根を辿って山頂まででも良いが南面の雪が緩んでいたので、そこを選んだ。後には乗鞍岳が広がっていた。(左下に同行の小岱さんと太田さん)
南峰よりの穂高岳と北峰

天気が良くてなにより。南峰はかなり久しぶり。西には笠から抜戸そして黒部源流の山々が広がっていた。白山も見えた。少し雲が多めで霞かちではあるが、素晴らしい景色だった。西穂の白い斜面や穴毛谷、小鍋谷などを観察して次回に思いを馳せた。
霞沢岳と

この山はまだ行った事無い。なかなか通好みの山だが、私の実力では無雪期が良さそうである。とてもとても滑れそうには私には見えませんです。
全員で記念写真

後は穂高(奥穂が隠れてしまいました。)左から太田さん、塚田、小岱さん。
下堀沢カール源頭に滑り込む

南峰より南斜面を少し滑った後、山頂へ続く尾根に入り込み、そのまま下堀沢カールの源頭部分に滑り込んだ。正確には焼岳南峰のほどほど急な東面斜面を滑って下堀沢に入り込んだ。ここは春の雪状態で少し重めだが、超々快適斜面であった。手前が小岱さん、向こうが太田さん。
南峰の岩壁を背に滑る

東面は、上部が岩壁でその下に素晴らしい斜面が下堀沢まで連なっている。これだから山スキーは止められない状態で滑って行った。
快適斜面が続く

向こうは乗鞍岳と十国山。斜度もだんだんと緩やかになっていく。昨日かと思える滑降痕もいつくかあるが、斜面さえ選べは、自分だけのシャプールは付け放題なのである。これぞ山スキーパラダイス。
2100m平坦地への最後の滑り

小岱さんは両足を綺麗に揃えてトップを上げ気味でクネクネと滑っていく。これまた超速い。我々テレマーカー組は着いていくのがやっとである。基礎体力の差もグーンと出た感じか。(最近は体力維持ができませんね。)
南峰と下堀沢カールと私

結構疲れて、2100m平坦地に滑りこんだ。後は今滑ってきた南峰の東面斜面と下堀沢源頭。我々以外には単独の2名と2人組のボーダが今日の焼岳パラダイスの参加者だった様です。
2100m平坦地で大休止

休まないと先に進む体力が回復しない。ので休憩。昼食をとりながら待ち合わせの7-11で買った赤ワインを頂く。これが結構血中にアルコールが回り、以降の後半滑りで結構こけた。
下堀沢は雪が崩れたりしていて、あまり休憩していると危ないのでサッサと滑り終えた、と言いたいのだが、体力が付いていかないのでヒーヒー言いながら滑り終えた。後は釜トン経由で駐車場、そして滝島温泉で汗を流した。