ホーム]に戻る

浦倉山2091m小串鉱山跡を目指したがアッサリ撤退 テレマークスキーツアー


■記録日:2009年3月7日 ■歩行:2時間7分 ■メンバー:単独
■場所:上信国境 ■装備:板/ATOMIC TM22(170cm) ,靴/SCARPA T4 

超アッサリのコースとなってしまったが、実は今日はかなりハードなコースの予定だつた。・・・が、パルコール嬬恋スキー場につくと下界は晴れているものの上部は完全にガスの中、まぁとりあえずゴンドラに乗って、さぁシールで、と言う中でも完全にガスの中。視界はある程度あるものの見通しは効かない。そんな中、超簡単に浦倉山に登頂し、土鍋山方面に行くがなかなかルート取りが解らない。GPSは持って居ないし、磁石出すのはめんどくさいし、天気は全然回復しないし。。。
本日は予定では、浦倉山を越えて土鍋山、さらに破山、さらにさらに毛無山へ、そして小串鉱山跡めがけての超感動真っ白け斜面を快適に滑降する、のハズだった。が、視界無し、雪超モナカで悪し、撤退となりました。
◆嬬恋スキー場ゴンドラ終点9:55〜浦倉山10:03/33(周辺でうろうろ)〜1625m野地平11/20/40〜嬬恋スキー場12:02
浦倉山山頂

ゴンドラ駅の裏手から斜面に入る、直ぐ小ピークがあるが気にせず進むとほんとうにアッサリと浦倉山の山頂についてしまった。本日の初ピークなので記念写真です。、、、で、どうやら米子の滝からの登山道が作られているむ模様で、標識があった。(私の2500図には無い) 土鍋山まではアツプダウンがあるしそれほど下降もしないのでシールで進む。と。結構な急斜面がある。う〜ん、とうなり地図を見ると、まぁ確かにあるかも。が、この先まったく見通しが無い。雪もモナカ、天気は回復する予定なんですけど、まったくその兆候は無く、風は吹きまくっている。なんとなくヒヨリが全身を包み込んでしまった。、、、まぁいいか、と言うことで今日は予定変更、毛無はまた次でいいやぁ、になってしまいました。
で、浦倉山から野地平へコース変更、滑りま〜す

山頂から東尾根に向かって滑っていきます。と、言ってもいったいどこが尾根なのか不明瞭です。ただダダ広いだけです。林間は意外にも疎林っぽくてなかなか滑りやすい広さです。・・・が、が、、か、、、モナカですね。スピードつけてガーンとターンなんてするとぶっ飛ばれます。そろそろターンとかボーゲンが無難でした。
やっとガスの広がる地帯を抜けるとそこからは野地平の白い雪原が見えます。”えーじゃん、エージャン。”の風景で、あそこにめがけていっちょ気合にれいテレターンなんぞしながら滑りました。野地平、気持ちの良いところです。
野地平でランチ休憩、いいところです(向こうは本白根山方面)

その野地平。ここまでくると青空も広がったりしてホント気持ちが良いです。さっそくランチを楽しみました。ここからは北方面に万座の山々、南には浅間山が良く見えます。さて、ここからは標高をなるべく下げず南方面のスキー場にトラバースです。途中に沢
ふたつ越えますが、特に問題なし。・・・で、平坦な林間にスキーを走らせていたら思ったより早くゲレンデでした。

このコース、浦倉山まではほんの僅か、東尾根は意外にも疎林で、斜度も無い斜面なので初心者と一緒の時はお勧めかも。