太田さんが希望する輝山の北斜面、地図を見るがそんなに良さそうな斜面とは思えないのであるが、物は試しなのでとりあえず行ってみることにする。この三連休の後ろの二日で輝山とどこかの山か温泉、と言う計画である。さていつもの通りに待ち合わせのセブンイレブン、ここで朝食をとってこれまたいつもの通りの場所に1台車をデポし、安房山トンネルを越して平湯トンネル出口へ。ここで一緒に来た山岳支部長は温泉三昧してもらい我々だけが輝山を越えて北斜面を滑り福地温泉で出迎えてもらうと言う計画である。
◆平湯トンネル出口8:40〜南尾根〜輝山10:23/45〜北尾根〜北斜面〜林道12:45〜福地温泉源泉12:55
南尾根を登ります

出だしから雪が降り続いている。時折ガンガンと降ってくれる。今日は天気が良くなる、と言う予報に淡い期待をして登るものの天候回復の気配を感ずることなく、輝山山頂着。山頂には南尾根でももう一つ東の尾根から登ったと思える二人連れの方も。
北尾根はこっちだ、ここの斜面を滑ろう、と打ち合わせするが、太田さんとは滑るところのイメージが違っており、結局私がこっちじゃないの・・・と言い張った福地温泉への尾根と斜面を滑ることで合意。どんなもんか滑りましょう。南尾根の雪は固め雪の上に10cm程度の新雪が乗っていた。北斜面と言うことでパウダーありますでしょうか。
北斜面の滑り

山頂から北尾根沿いに滑ります。さすがに昨夜からの降雪で気持ちの良い滑降がしばらく続きます、が、疎林の広々とした斜面が無く、少々細尾根上のちょっと濃い目林間滑降です。まぁ雪が良いから許せます。、、、、と、尾根から右手の沢に入り込んでしまったので少々の登り返し。ここで北尾根を登ってくる方たち発見。以降はこのトレースの右左に尾根と斜面を滑ります。1651ピークへの斜面が本日最高に広々とした斜面でしたでしょうか、一気に滑って気持ちヨカです。このピーク西側を巻いて福地温泉への斜面に滑りこみます。が、下の固めだった層の雪が腐り始ってます。おまけに沢筋の急斜面に迷い込み、雪崩れてくれます。仕方なく板のまま少々の登り返しで右手の1307ポイントのある尾根左の斜面に逃げます。この斜面も全くの腐れ状態。最悪の雪じゃ〜と文句をいいつつ福地温泉への最後の斜面へ。ここは滑ると土がでてしまう悲しい部分もあった。

ホーム]に戻る
輝山 北斜面2063m テレマークスキーツアー 


■記録日:2007年2月11日  ■歩行:4時間15分  ■メンバー:太田、塚田
■場所:北ア  ■装備:板/ATOMIC TM22(170cm) ,靴/SCARPA T4