この週末は二つ目低気圧が列島を通り過ぎ寒波が入り込む、との予報。山は荒れる。のですが、うまくすればパウダーに当たるなんて期待を少しだけしてやはり栂池より入山した。まぁ今日は天狗原まで、ひと滑りしてヒヨに登り返してまてた滑る、なんていう計画で行く。・・・
◆栂池ゴンドラ終点9:00位〜天狗原〜栂池自然園〜栂池ゴンドラ終点12:00位
左:成城大小屋へ
右:滑降開始

先行する方がいる。ちょうど小屋前で追い越す。彼らはヒヨに行ったみたいである。雪があたらない小屋の玄関で一休み。さて天狗原への斜面にトレースを刻みます。10〜20cm程度の新雪、その下にはバリバリの固いバーンになっている。シールを時折滑らせながら天狗原到着だがも、風雪もあるので祠まで行かずに適当なところで終了し滑降する。
来たルートをそのまま降りるのは面白くないので、ここから自然園に滑り込む。南よりに進み最初は適当な緩斜面を。う〜ん、なかなか良い感じだが、新雪の下でバリバリと音がする。
上部の斜面を快適に滑る

何人かが登ってきます。天狗原でボータ2名、上部斜面を5名組。こんな悪天候でも皆さん元気です。自然園を目指すため南寄に進み滑り込んで行くと藪もまだ多そう。なのでちょうど小沢が自然園まで白い筋で続いているので迷わずここに突入します。幅が狭いです。ターンするとガリガリ。表層がサックリと落ちて行きます。私はなんだか転倒して20m程度沢を滑落。ガリガリ斜面なので止まってくれませんが、無事停止。参った参った。なんだか引っ掛けてしまった。この小沢のガリガリ滑降は思ったほど快適で無く、気分がなえます。
上部は良いのだが小沢の滑降に手こずる

右下写真がその小沢です。もっと両岸が立っている場所もあります。自然園からは林道滑りで成城大小屋、ここからヒヨに登り返してもう一回滑る。 のが予定でしたがガリガリ滑降は面白く無いのでもう止めて温泉と宴会にします。(ちょうどヒヨから滑って来た方がやはりガリガリと音を立てて滑っていました。)
栂池スキー場を下へ滑りこんでいくと湿っぽい雪と変わり、濡れ濡れ状態となってしまいました。温泉は十郎の湯(八方温泉の方が断然良い思う)、宴会はジャスコで仕入れ例の駐車場で実施。夜、解散。

ホーム]に戻る
天狗原2190m テレマークスキーツアー 


■記録日:2007年1月6日  ■歩行:記録取らず   ■メンバー:太田、塚田
■場所:北ア  ■装備:板/ATOMIC TM22(170cm) ,靴/SCARPA T4