ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

天狗原山、金山

天狗原と金山焼山と火打山2001年5月4日 天狗原山テレマークツア 東芝山岳部 太田、佐藤、塚田
今年の連休後半は妙高と北アと言う組み合わせである。この天狗原山をこなして車で移動し、北ア白馬鑓ヶ岳(計画では杓子沢)に行った。

さて、天狗原山は二度目である。金山と並び併せて東面の大斜面は屈指の魅力的な山である。前回同様なコースで、黒沢の除雪終点からの往復である。天狗原からの雨飾山
杉野沢橋までは、雪の付いた林道を行く。杉野沢橋から乙見湖への流れは、三面コンクリート化されており、がっかりする。何もこんな山奥の都和まで、と言う感じである。杉野沢橋を渡って右岸を行く。堰堤ほ越した先で前と同じで、沢沿いには進めず、小さな尾根を越える。先行するおばさん達は、越えた先が急傾斜で沢に落ち込んでいるのでなかなか進まない。仕方なく追い越す。
少し進んだ所の滝沢が分かれる二俣から1400mの台地に上がるところが難所である。これまた前回と同じく雪が切れている部分がある。一カ所2m程の雪壁となっていて難儀した。たどり着いた台地で休憩をとる。ここからは右手の尾根か左下の沢状部分を登っていく。我々は尾根コース。シールが使えないほどの急な部分もある。1700のピークまでしんどい所である。ここまで来ると乙見湖越しに黒姫山の展望が拡がる。また火打や焼山も見える。十分休憩をとったら天狗原山を目指す。明瞭な尾根なので迷うことは無い。一旦少しだけ下り、後は急な斜面、そして針葉樹の疎林地帯を進むと、天狗原山の真っ白な東面がダイナミックに見渡せる。
この東面の取り付きで最後の休憩をしたら標高差200mの登りにかかる。大汗をかいて登り切った山頂は南北に長いだだっ広い山頂である。雨飾山や火打、焼山が素晴らしい。やはり良い山である。
滑降は、山頂からそのまま東面でも良いが、この部分は少し急なので、登った斜面から入った東面の中央に踊り滑ることとした。200mは、あっという間だが、大変面白い。◎。
この東面が終わってしまえば、後は尾根と沢の中の滑降のみ。途中から尾根の南下沢に入ったが、少々狭い。1400m台地で休憩後、スキーを背負って下る。杉野沢橋で今年最初の釣りをするが当たりは無かった。


昼闇山と阿弥陀と烏帽子92年4月22日 金山、天狗原山テレマークツ  単独  日帰
 妙高や黒姫にツアに行った時、標高はそれほど際だっていないものの、その山全体が際だって白いのが天狗原山と金山である。笹ヶ峰より日帰りのアプローチの為、笹ヶ峰で一泊するか、笹ヶ峰まで除雪された時点で行く方法しか無い。反対斜面の小谷温泉よりは樹林帯に覆われて魅力的ではないし、急傾斜の登りとなり、コースは開けていない。この日、笹ヶ峰まで除雪が入った情報を得て出発した。
 行ってみると黒沢出合まで除雪されていた。入山地点の杉野沢橋はまだ2km以上先だ。水芭蕉が咲き、春の気配が漂うブナ林の中の林道を杉野沢橋へと向かう。杉野沢橋より真川に入り場所を選んで右岸沿いに進む。真川が北に向きを変えるところで右岸は断崖になり先に進めない。崖を高巻きで越えて滝沢右手の尾根に取り付く。30mも登れば平坦地となるが、結構雪も解けていてとぎれとぎれでスキーを脱いで登る。
 平坦地を右手に横断し、沢状部分を登ってゆき、右手より入ってくる尾根に取り付く。この尾根を忠実に登れば天狗原山へと導かれる。1700mまでは急登でツボ足で登る。1750mで左手(南)から入ってくる尾根越しに北アの展望が広がる。なかなかの景色。ここで休憩する。焼山も見える。1850mから1950mの尾根は栂の巨木の疎林となる。ここを過ぎると山頂まで何も無い真っ白な斜面が広がり感激する。結構傾斜は厳しく、途中一カ所で雪が割れている。注意しながら避ける様に登り最後の100mはさらに傾斜が増すのでツボ足に切り替えて登る。山頂は緩やかな稜線を少し登った先。天狗原山頂金山山頂
 天狗原山頂の展望は素晴らしい。火打山、焼山も見事だが、雨飾山の大スラブも素晴らしい。さらに金山まで足を延ばす。天狗原山頂でシールを外して金山とのコルに一滑りする。僅かな登りで金山山頂に達する。天狗原山よりも素晴らしい展望が広がる。もう直ぐそこには稜線づたいに焼山が迫って見える。駒ヶ岳、阿弥陀岳、昼闇山等の海谷の山々が素晴らしい。雨飾山、大渚山も良い。(このまま先に進んで焼山北面台地に行きくなるが、それには一泊の装備がかかる。)天狗原山も金山もお盆を伏せたような山頂である。
 さて風の無いところで昼食を取ることにし、コルへと戻り、焼山と火打の大展望を見ながらビールとラーメンを頂く。気持ちよい。帰りはこのまま真川に滑り込んでも良いが、雪の少ないことを心配して来た道を下ることにする。もし時間的にゆとりがあれば金山山頂より何本か滑って楽しむのも良さそうだ。
 天狗原山頂より東の広大な斜面に滑り込む。雪が切れていたので時間をかけずに樹林帯まで滑り込んでいく。ジャンプテレマークで快適にターンを繰り返して楽しいひとときを過ごす。ツボ足で登った尾根も下りは快適そのもの。平坦地で休憩した後、スキーを外して滝の沢下部に出て、真川右岸の崖を高巻で越える。これが結構疲れる所であった。杉野沢橋手前で来るときは渡れた真川だったがどうしても水が流れていて徒渉する箇所があった。日に日に雪が解けている。
 後は林道の滑りとなる。日が傾き始めたブナの森の中を快適に滑って行くだけ、とても楽ちん。なお、天狗原山、金山を楽しむ為には4月上旬が良さそうである。前日に三田原山経由で笹ヶ峰辺りで幕営しておくと良いかもしれない。