ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

栂池・天狗原+島温泉

2001年12月30日-2002年1月2日 北ア小蓮華岳の予定だったが、天狗原往復のテレマークツア 東芝山岳部 太田、梅村、塚田(記)
夜のテント30日、栂池スキー場上部テント設営、終日天気悪い、ぐうたら過ごす。
 今年は久しぶりにお正月元旦を山で迎える山行をすることになった。もちろんスキーでなくてはならない、のである。ただ単に歩いてラッセルして登る山行は最近はほんとうにしていないし、やはりスキー付きを選んでしまう。と、言う事で都合のついた3名で小蓮華岳に登頂し、テレマークを楽しむ計画となった。いざ天狗原へ、しかし上部は風が強そう。
 30日、待ち合わせの白馬大池駅に着くころには雪も本格的な降りとなっており、新たな積雪も結構ある。三人パラバラに車で到着し、私の車で買出しした後、栂池スキー場ゴンドラで山頂駅へ。もうそこは新雪がバンバンの状態であった。・・・が我々もザックがバンバンの状態で、本来なら栂池湿原辺りでテント設営だったが、ゴンドラ駅近くの樹林帯でテントを張ることに意見の一致をみた。ちょうど大きな木の下に設営しトイレも造成しておいた。
 しかし雪の降りが激しい、テントの中でビール、つまみ、と休憩した後、折角なのでリフト一本登って、圧雪のしていない斜面を行く事にした。しかし、行ってみると、その斜面は閉鎖中だし、強風がすごい、すぐさまテントに引き返すことになる。今日は天気が目茶悪い、諦めてテントの中でつまみをたんとこしらえてぐうたら過ごした。夕食は豪華すき焼きであった。
31日、朝、天気悪い、ゲレンデで遊んだ後、天候回復一路天狗原へ。
 今日も雪。のんびりと朝食下の後、一日テントの中でもつまらないので、ゲレンデで遊ぶ。昨夜の新雪でゲレンデ脇は、パウダー状態で楽しめる。途中のレストランでビールを飲んでいると見る見る青空が広がっていく。これは行かなくてはならん、という事で、ゴンドラとリフトを乗って最上部ら出て、栂池湿原への林道に滑り込む。この林道からはシールである。
 既にトレースが付いていて快適に歩いていく。早大小屋のところでトレースは小屋に向っているが、そのまま林道に繋がっている。この林道へ出る斜面の部分は、雪の吹き溜まりで、長屋式雪洞がこしらえてあった。(行きは気づかなかったが、帰りにはあった。) 林道をさらに行くと、赤い屋根の成城大学小屋が見え、その向こうに白い斜面の白馬乗鞍岳が見える。中々良いアングルである。成城大学小屋には何人か入り込んでいる様である。それにしてもさっきの早大小屋と言い、この成城大学小屋と言い、結構立派である。金のある大学は違う。(先輩のカンパでできた小屋なのか?・・・。)強風舞う白馬岳滑り
 この先は、天狗原へ突き上げる快適な白い斜面である。先行する何人かのパーティが見える。天狗原からの栂池湿原への斜面は登った事しか無いのであるが、今回は滑れるので、それだけでも良しなのである。小屋からは緩やかな針葉樹の尾根を行き、直に岳樺が所々生える期待の白い大斜面にでる。途中まで登っていくと12名のボーダーが舞い降りてきて、白い斜面に思い思いのコース取りで気持ちよく降りてくる。雪煙がターンするたびに舞い上がる。うぉおっー、我々も急がねばならぬ。
 しかし、どういうわけか我々が天狗原の端につく頃には、ガスが昇ってきて、視界が急に悪くなってしまった。青空の下の豪快な滑降を期待していたのだが、・・・。仕方なく、滑降開始する。まぁそれでも大満足であった。少々重いが深雪で実に楽しい。ちょうど私が滑り終えたときはガスが流れていたが、またしても青空となってうらめしい。白い斜面の下部で大休止し、ウィンナーとラーメンで遅めの昼食をとった。うまい。
 その後は林道を所々ショートカットしてゲレンデに出て、テント場に戻った。夕食は寄せ鍋+ずわいガニ、一服後は紅白歌合戦を聞きながら年越しソバと言うメニュー。
1日、朝、天気が良い。いさんで小蓮華に向ったが、激しい降雪に。いやになって一気に下山、温泉へ。
 前夜はかなり遅くまで起きていたので元日の今日は朝寝坊である。天気は晴れている。雑煮の朝食を頂いて、早速出かける。アイゼンとピッケルをもって天気が続けば小蓮華岳へ登頂、最低でも白馬乗鞍岳を目指して出発した。・・・が林道を栂池湿原に向う最中から天気は崩れ始め、天狗原に付いたときは、激しい降雪である。もう、白馬乗鞍も当然あきらめて昨日と同じ地点より滑降をする。視界が見えないので、雪面が急なのかどうかもよく解らない。転倒数度。
 昨日のコースよりは北よりにコースを取り、尾根に入らず成城大学小屋まで滑る。こちらのコースの方が小屋まで楽しめて滑れて面白い。小屋からの昨日同様林道をショートカットして一気にテント場まで戻った。テント場でも激しい降雪は変わらない。島温泉
天狗原への登り天狗原からの滑降 天気予報では、どんどん悪くなるばかりなので、この激しい降りのテントも大変なので、撤収し下山することにした。しかし、撤収している間も、バンバン降るので、ぐしょぬれ状態で撤収を完了。ゲレンデでは重い荷物に苦しめながら下っていくと、ダンダン雪玉が大きくなって、服もぐしょぐしょ状態になってしまった。めがねは曇るし前は見えないし、荷物は重いし。
 下の小屋でビールとかつカレーの遅い昼食を頂いた。そんな間にも、雪の降りは激しさは変わらない。車は30cm以上雪をかぶっていた。白馬大池で神戸に帰る梅村氏と別れて、残った二人で温泉つき宿を探す。もう時間は遅い。風吹荘は元日にもかかわらず火曜定休、近くの島温泉にお願いすると、食事も家族と同じ程度のものならできる、ということなのでここに泊まることにした。今日は我々二人だけの様である。温泉は結構良い。建物も大正時代から、ということなので雰囲気もある。二階のお部屋を頂いて、食事+ビールで夕食、就寝。良い宿である。
 翌朝、やっぱり20cm程度積雪であった。しかし良く降る。今年は雪が多そうである。