ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

立山 真砂岳、内蔵助カール

真砂岳直下。尾根を登る登山者と奥大日岳2001年11月23日、24日 立山/真砂岳、内蔵助カール
 今シーズンの最初のテレマーク山行。先週、白馬の町から白馬三山にたっぷりの雪が付いていたので絶対行かなくては、と思っていた。生憎他のメンバは都合が付かなかった様で単独で出かけた。二日ともド・ピーカン、雪も軽くてシーズン最初のテレマーク山行としては上々の出来であった。昨年に同じ時期と比較して、雪も少し多かった。しかしそれ以上に多かったのは人であった。
夕焼けに染まる立山と上弦の月11月23日 室堂から雷鳥沢テント場へ、そして真砂岳直下よりの滑降
 6時前に自宅を出発し、一路扇沢に向う。フロントガラスは凍っていた。星空に期待が膨らむ。
 7時過ぎに扇沢に到着し、早速7時30分の始発に向う、が人が切符売り場に並んでいる・・・。始発は8時30分となっていた。なぁーんだ、もっとゆっくり来れば良かったと思いながら約1時間待つ。始発さに乗り込み、快晴の室堂に着いたのは、10時15分であった。
 到着後、日焼け止めクリームを塗って雷鳥沢テント場に向う。途中荷物の重さと、ワイヤー止具の調整不良で3度程転ぶ。11時30分、到着した雷鳥沢テント場には既に100張を越えると思われるテント村が出来上がっていた。
 テントを設営し、昼食を頂いた後、東に見えている真砂岳へ繋がる尾根を登ることにした。既に何人かが登っている。沢を渡り対岸の台地状斜面をシール歩行で詰めて尾根に取り付く。シールでも良さそうだが、ツボ足の方が早そうなので、切り替えて登っていった。が、直ぐにバテバテ状態となって先行組を誰も追い抜く事は最後までできなかった。年のせいか、バテバテになったのは体力不足からだろうか。
 内蔵助カールと後立山の山々ふた汗程度で展望が利く尾根上に飛び出す。奥大日岳や日本海が米粒の様なテントを集める雷鳥沢テント場の向こう側に見えている。立山の雄山も岩稜の向こうに聳えている。あんまり展望が良いので、なかなか先に進まなくなってきている。それでも景色を楽しみながら2時20分 2750m程度の所まで到達。山頂は次にして、やっぱり滑降をしたくなった。これ以上上部は雪の着きも悪いまで、ここから開始。
 北よりの斜面と言う事もあってか、快適な雪質である。来た甲斐があった。登ってきた尾根の北の沢に飛び込んで滑っていく。結構きつい斜度もあるが快適そのもの。下るにつれてノド状に沢が狭まるので左左に逃げると次の斜面にでる。このまま下って沢の中に入っても良いようだが、ここも左に逃げながら行くと広い斜面に出る。そしてそのまま沢に目掛けて滑り込んでいく。
 沢底は結構狭いが、直ぐに台地状の広大な斜面ででる。雷鳥沢のテント場ももう近くである。3時テント場に到着である。
 後はのんぴ゛りと過ごしたのだが、夕焼けに立山が染まった時には、テントの外でしばし感動して眺めていた。夕食を頂き、6時過ぎには寝てしまった。
11月24日 真砂岳山頂から内蔵助カールのだれもいない斜面を滑る
 昨日の斜面が、面白すぎたので今日も真砂岳を目指していく事にする。ついでに内蔵助カールに滑りこむ予定である。
 6時45分 出発。私が目指す真砂岳方面には誰も出かけていない様である。雷鳥沢には何人かが登っている。昨日より若干ペースが早く8時50分に真砂岳山頂に到着した。誰もいない。内蔵助カールがやはり魅力的に広がっている。剣岳が頭だけを出している。カールの向こう側には後立山の山々が、まだ雪を頭だけつけて黒々と横たわっていた。内蔵助小屋も見えている。
 さて、誰も滑りこんでいない内蔵助カールに飛び込む。雪質が良く、すばやくターンができる。感動しながら急な斜面に入り込むと、急に半モナカ状の雪質に変化し、転倒・・・。二回転ほどしたかな。ここの斜面をあきらめて陽の翳っている南よりの斜面にトラバースしていく。雪質が安定したところで、今度はカール底まで一気に滑りこんでいった。9時20分。感動と快適。実に面白い雷鳥沢テント場奥大日岳と雷鳥荘
 カール底で休憩の後、シールで稜線を目指して登っていく。上部では結構斜度もあったので、苦労するが稜線に無事10時に到着。稜線では風が強く、出た瞬間に帽子が風で飛ばされ、カール底まで駆け下って行った。既に取りに行くガッツも無いので、あぁーぁと見送るだけであった。
 帰路は昨日とまったく同じである。同じ感動をまたして雷鳥沢テント場まで戻る。11時。テント撤収をのんびりとして12時、室堂ターミナルに向けて出発した。
 難関は雷鳥荘までの100m近く登り。去年も堪えたが今年も堪えた。室堂1時18分到着。長野の家には5時前に帰ることができた。

2000年の同時期同場所の山行