ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

平標山、仙ノ倉山(シッケイ沢)

1996年3月20日 平標山、仙ノ倉山テレマークツア、単独シッケイ沢は極楽沢
 長野の実家より、十日町経由て越後湯沢に入り、元橋の駐車場で仮眠。寒い夜だった。私以外に同じ様な事を考えている一組がいるだけ。晴天の中、シールを付けて別荘地を抜けて林道を進む。林道は山の斜面の一部となってしまっている。左手よりヤカイ沢が入ってくるので林道を離れて大きな沢に入る。ヤカイ沢は平標山頂より広大な沢であり、登りやすそうな所を選んで登れば良い。忠実に詰めれば平標山頂にでる。私は少し右手よりに斜度の最も緩い斜面を選んで登っていった。ヤカイ沢上部はブナ林が所々に広がる斜面である。左の見える松手山が下に見え始めれば平標山頂はもうすぐである。
 たどり着いた平標山頂は標識にエビの尻尾がビッシリと張り付いていた。苗場山、志賀高原山々、北アルプス、至仏岳、燧ヶ岳、そして仙ノ倉山の雄大な展望が得られる。ここで例の一組のパーティと会う。おじさんおばさんのパーティで、平標沢を滑るとのこと。平標沢も快適な斜面を見せている。次回滑りたい所だ。エビス大黒
 仙ノ倉への稜線は雪は吹き飛んでいてガチガチの氷の様な雪がハイマツに凍り付いている。シールのまま滑り、仙ノ倉山への最後の登りを詰める。たどり着いた仙ノ倉山は幾度と無く来ているが、冬は初めてである。谷川へ続く稜線が厳しそうな様相である。
 さて、シッケイ沢は、大量の雪で全て真っ白な広大な斜面を作ってくれている。先ずは北へ張り出す尾根沿いに北進して、バーンがでっかくなった所で沢の源頭に入り込む。結構固いバーンであるが、良く斜面を選ぶと雪がふんわりとして所がある。北に大きく迂回してい行くと、アイスバーンの斜面になってしまった。転倒し流される。流されるスピードがどんどん増して・・・・。アイスバーンが終わった様できつい斜度にもかかわらず止まった。ほっとする。右(南)よりに進んでいくとシッケイ沢はだんだん狭まって沢らしくなってくる。
 見上げると仙ノ倉山頂が高くそびえて、滑降痕がきれいに残っていた。シッケイ沢源頭はあまり北斜面に入らない方が良さそうである。南よりの方が風があたらず雪が吹き飛ばされないし、陽も当たりにくいので柔らかい雪になるらしい。
 狭まった沢を雪崩に気をつけて行くと直に毛渡沢と合流する。ここで2人連れのパーティに出会う。シッケイ沢に滑降跡があったのは彼らのものであった。しかしヤカイ沢を登っているときは気づかなかったが、私と同じコースとのことであった。
 毛渡沢からは右左と広い幅の谷を沢沿いに滑って行く。途中左岸に日本カモシカがこちらを見ていた。群大ヒュッテへの仙ノ倉谷は雪が着いていてスキーのまま渡れた。この年は雪が多くて完全に沢がうまっていたのだが、通常、毛渡沢は左岸沿いが良いらしい。途中の右岸が崖がある。また、仙ノ倉谷は吊り橋で渡るのが普通である。
 群大ヒュッテ前で大休止。その後スキーにワックスを塗り、林道で土樽へかっ飛ばす。信越線か関越高速の高架の下で雪がきれて終了。土樽駅まで一歩きで着く。
 電車で湯沢に行き、バスで元橋まで戻り車を回収した。途中の中里駅で食べた天たまソバがやけに旨かった。