ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

会津駒での滑り

Telemark Ski
尾瀬周辺の山々

燧 至仏からの平ガ岳
尾瀬周辺の山々・・・尾瀬周辺の山々・・・尾瀬周辺の山々
日帰り 5月の燧岳 以前4月に燧岳を目指したが暴風雪で撤退したことがある。あの時は激パウダー状態だった。5月の今回は快適なザラメ。山頂からの大斜面はあまり良いので直ぐ終わってしまう。この時期の燧はお気軽なツアコースである。 御池〜広沢田代〜熊沢田代〜俎ー直下〜俎ー山頂〜柴安ー山頂〜俎ー直下〜御池
日帰り 浅草岳 浅草岳山頂直下の緩斜面を思いのままに 2年前に守門岳に行って以来、取り残して来た山だが、とうとう行って来ました。天気も快晴で、山頂から北に伸びる緩斜面はどこまでも続き、もぅ最高の滑降です。安沢の源頭の急な斜面から静けさの沼の平と変化に富んだ景色が楽しめるコースである。最後は国道まで林道歩きとなるが、運良く他の方の車に同乗させて頂いた。 浅草山荘〜ムジナ沢〜浅草岳山頂〜北北東尾根1246地点〜安沢源流部〜沼の平〜小三本沢右岸〜95番電柱〜入叶津手前

日帰り

至仏岳

至仏岳

鳩待峠までタクシー入山できず、延々あるいて入山。山ノ鼻からそのまま山頂目指して直登した。利根源流の山々がまるで北アの山々の様に目に入る。滑り出しは露岩もあるので注意が必要だがすぐ広い尾根になり、尾瀬ヶ原を目指して滑降していく。

山の鼻〜至仏岳〜山の鼻

日帰り

4月の燧ヶ岳

燧岳

桧枝岐の七入より。雪が降り続く中山頂を目指した。ラッセルが厳しい。山頂直下の猛烈な吹雪で敗退。しかし、帰りの滑降はパウダーで非常に良し。宙に浮きながら、という印象の滑りを楽しめた。桧枝岐の温泉もまぁ良し。 

七入〜御池〜山頂直下(往路を戻る)

一泊

平が岳

平ヶ岳

長い疲れるコースであった。アップダウンが多く疲れる。平が岳山頂はどこが山頂か不明なぐらい広大。山頂直下の斜面が滑降のメインとなる。奥山にきたなぁと言う実感が味わえる良い山である。

山の鼻〜大白沢山〜平が岳〜山の鼻〜鳩待峠

日帰り

会津駒ヶ岳

会津駒山頂

前日、燧の敗退したが一転して良い天気。取り付きの尾根が苦しい登りだがルンルン気分で登れる。山頂よりの展望は特に燧が素晴らしい。中ノ岳へ縦走し尾根を滑降。下部ではブッシュに苦しめられたが良い登頂だった。 

桧枝岐〜避難小屋〜山頂〜中岳〜桧枝岐

日帰り

越後駒ヶ岳

道行山からの越後駒ケ岳 道行山から眺める越後駒はどうどうとしていて格好が実に良い。小屋から山頂までは真っ白なな大斜面となっている。山頂より八海山の展望が良い。下りは大きな尾根沿いを快適に。山頂から道行山までは樹林の無い素晴らしい滑降となる。

石抱橋〜道行山〜小倉山〜駒の小屋〜越後駒山頂(往路を戻る)

日帰り

守門岳 

守門山頂より

守門の魅力は巨大な雪比とでかい稜線。大原スキー場からのコースは日帰り可能。4月後半であったので雪比が一部崩壊していたが、圧倒されるでかさである。いろいろなコースで登ってみたい山である。 

大原スキー場〜守門稜線〜守門山頂(往路を戻る)