ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

御山谷(室堂〜黒部ダム)

この瞬間だけ天候回復(御山谷)立山〜上高地の日本オートルートに挑戦するも天候悪く、御山谷となってしまった。
いや、立山〜上高地は今の季節、やっぱまずかったです。今年は雪が多い。
4月23日、扇沢〜室堂(9:30)から入山。
いきなり吹雪き。12時、とりあえず一の越で様子見。14時本日は停滞と判断。雷鳥沢むけて滑降。まったくのホワイトアウトでわからない。途中小さな雪壁から落ちたが、どこも異常無し。雷鳥沢は、一人ぼっち。(夕方、1人来ただけ)風雪強い晩だった。
24日、新雪が30cm。風は止んだ。朝方、天気が快方見たいに見えたので、勇躍して雷鳥沢を登り、2680mから空身で滑降。最高!。少し重いが良い雪。テント場に戻るとまた、天気がどんどん悪くなる。昨日から富山は快晴だが、立山が雲が離れない。今日も停滞となると予備日を全部使うことになってしまう。重い荷を背負い、一の越まで。きつい(荷物25kg)。昨日ほどで無いが風雪と視界が全然利かない。計画をあきらめて下山とする。ホワイトアウトの中を滑る。100m程下ると視界が利き始める。御山谷の上部は何とかターンができたが2500mほどからモナカ状になり、広い谷を斜滑降で降りる。誰もいない。2200m程でザラメ状になり、荷物さえなければ快適なターンとなる。何故か急に晴れ始め、御山谷カールの最高の景色が10分だけ見えた。後は雪。3回目の御山谷だが、黒部湖まで完全に雪で繋がっているのは始めて。後はダムまで1時間半の歩き、ボタン雪の中、疲れた。扇沢も雪景色だった。
以上