ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

根子岳2204m

2001/12/23の記録   2003/12/21の記録はこちら
 何度も通いなれている山である。しかし冬以外には秋に一度だけ訪れた山であって圧倒的に冬に来る山なのである。しかし、12月に訪れたのは今回が初めてである。今年は12月に降雪がまとまって2度も来たのでこの山も例年に無く早く真っ白になった。もぅこうなったら行くしかないのである。
 いつもの通り、峰の原スキー場から出発である。最上部のリフトを1つ乗る。降りた所は菅平青少年の家の横である。ここでシールをつけて切り開いた道を進む。じきに菅平グリーンゴルフ場のゲストハウスにぶつかる。ここを過ぎて真っ白になっているゴルフ場の中を進む。兎の足跡が点々と繋がっている。
 ゴルフ場を右手よりに進んでいくと菅平ダボススキー場最上部リフトから根子岳へ繋がるヘリスキーの滑降ルートにぶつかる。切り開いた幅の広い道であり、このルートを辿っていけば山頂直下のヘリポートまで簡単に行ける。普段ならヘリスキー客の滑降跡がいっぱいあるが、先行者のトレースが一本だけあるのみ。実に静かである。おまけに天気は最高である。文句なし。
 1750m付近の避難小屋には3人の登山者がいた。おそらくここまでの軽いハイキングなのだろう。上に一人、良いペースでスキーで登っていく登山者一人。
 既に木々は雪をびっしりとまとい、さながら厳冬期の風情である。さらに上部に上がるにつれて、木々に雪の張り付きが大量になっていき山頂直下では完全なモンスターとなっていた。根子岳でこんなのを見るのは珍しいなぁ、と思ってしまった。振り返るとモンスター越しに菅平スキー場があちらこちらに広がっているのが良く見える。山頂はもう間近、ひと踏ん張りである。
 ヘリポート脇を通りすぎて、根子岳山頂への唯一の急斜面(南に回り込めばゆるやかなまま行ける)をキックターンを二度で登りきる。ここで先行者にやっと追いついた。私同様の年格好か。(おじさんである。) 山頂は直ぐそこである。
 到着した山頂にはもう一人の登山者がいて早速滑り降りていった。あたり前だか風が冷たい。祠はエビの尻尾が付いている。遠く北アルプスから南ア、八ヶ岳、浅間山、富士山が見渡せた。富士山がここから見えるのは初めて気が付いた。また浅間山は噴煙をもくもくと勢い良く出していた。忘れてはいけないが、根子岳からは四阿山が最高である。四阿山の黒い森に雪化粧していて美しい。(上右の写真)
 さてお楽しみの滑降の開始。先ずはヘリポート付近まで一気に行く。例のキックターンの所を滑り降りていった。いつもは2100m付近の北西尾根のデッパリ(岩峰)から北斜面に入り込むので今回も北斜面に突入してはみたが・・・、やはり12月である。まだ積雪が足らないようで、ササとブッシュが出ている。おまかけ滑っていると突然50cm程度スキー板ごと、落ちる様に埋まる。ササのふわっとした部分に雪がふわっと乗っている様で、私の体重でドサッと埋まるのである。
 そんな訳で、少し苦労して南寄にコース取りして、登ってきた道に戻り、滑り込んでいった。ここは快適に滑れる。1750m付近の避難小屋前で大休止。ビールとあらびきウィンナ、そしてラーメンと言う豪華な昼食を作り、頂いた。ほんとうに天気も良く、静かで、最高にリフレッシュできるのである。下りは誰にも会わないのである、ラッキー。後はゴルフ場を横断して、峰の原スキー場に出で、一気に滑降し、そのままの勢いで駐車場に滑り込んで終わりである。
11:30峰の原スキー場最上部リフト==13:00根子岳山頂==13:30避難小屋付近で昼食14:15==14:40峰の原スキー場駐車場

<古い記録内容>

プロフィール

自宅の東にいつも見えているのが根子岳である。東の山と言えば根子岳である。真っ先に白くなる山であるからスキーツアーの季節到来を教えてくれる。シーズン最初の足慣らに利用するコースであり、私のお気楽ホームコースと言える。
コースガイド
  峰の原スキー場、菅平ダボススキー場のどちらでもスタート地点になる。グリーンゴルフ場脇にツアー用の標識があるが、折角だから自分勝手なコース取りしても天気さえ良ければ迷わない。通常は山頂直下のヘリの着地点まで、雪上車で圧雪してあるのでそこを登れば良い。
2207mの山頂は、祠があり360°のパノラマが楽しめる。特に志賀・草津、四阿山、浅間等の上信国境の山々が美しい。帰路はどこの斜面穂滑っても良いが、特にお薦めなのは北寄りの斜面である。北斜面は雪も軽い上、踏む人も少なく、静かな滑降を楽しめる。先ず北西尾根の2128mの岩峰を目指す。ここより北寄りに西進する。雪が少ないと笹が出ているが気にならない。1750mまでは広大な雪面をあまり北寄りに入らないように峰の原スキー場目指してどんどん飛ばす。1750m辺りで南よりにコースを移して一つ小さな沢を超える。あまり下がると越えるのに苦労をする。後は圧雪してあるコースで菅平ダボススキー場に導かれるか、グリーンゴルフ場の中央を通りすぎ峰の原スキー場に入り込むかである。
コースタイム(3時間30分程度、休憩を含まず)
参考情報
・25000図…菅平、四阿山
・メンバー…単独
 峰の原スキー場終点==2時間30分==根子岳山頂==1時間==峰の原スキー場終点