ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

水ノ塔、篭ノ登+高峰温泉  夏の水ノ塔篭ノ登はこちら

2002年1月6日 水ノ塔から篭ノ登へのテレマーク縦走+高峰温泉、単独
コルからの水ノ塔水ノ塔山頂 6日はやっと晴れた。それにしても今年のお正月休みは毎日雪でまいった。と言う、ことで晴れたらやっぱり行くしか無いのである。長男をスキーに連れて行こうとも思ったが、友達とファミコンで遊ぶようなので、一人で気ままに出かけた。縦走路からの篭ノ登山
 アサマ2000スキー場を出発したのは11時でかなり遅めになってしまった。リフトで高峰温泉まで楽にいける方法もあるが、山ヤとしては歩くことにした。一番西にかかるリフト沿いにシール登行し、リフト終点から水ノ塔へのコルへ進む。何人かのトレースが付いていてありがたい。
コルは風の通り道なので雪が飛ばされていて、岩が露出していた。尾根通しが夏道だが、ところどころ岩が露出しているので若干右よりの樹林帯の中を進む。山頂直下では樹林帯も濃くなって進むことができず夏道を行くが斜度もあってツボ足で下半身埋まりながらのラッセルとなって厳しい。この厳しさもほんの30m程度で山頂に達する。山頂は標識が頭を出しているだけなので1m程度の積雪だろうか・・・。
篭ノ登と西篭ノ登(右) 山頂からは篭ノ登方面の展望が良い。残念ながら浅間山方面は雲の中である。ここからは稜線の縦走となるが、左側が赤ハゲの急斜面で危険で、右側が濃い樹林帯で、赤ハゲよりの夏道沿いに進むことになる。以外にアップダウンが多く、且つ部分的に急な斜面があり、さらに雪がしまっていないので結構なラッセルである。体力を消耗する。夏道沿いに進むと所々ターンに困る部分もあり、それでも無理矢理ターンして一度赤ハゲ側に転んでしまってちよっと危険だった。
 篭ノ登の最後の登りは、夏道沿いをさけて木々の無い斜面をつないで山頂に達することができた。山頂は風が強く。雪が飛ばされている。標識にエビの尻尾がビッシリであった。湯ノ丸山や西篭ノ登の展望が良い。見返る水ノ塔の赤ハゲは真っ白な斜面である。ちょうど浅間山も雲がとれて噴煙を盛んに上げているのが眺められた。ランプの温泉、高峰温泉
 篭ノ登山頂では風が強いので昼食はあきらめてそうそうに下山開始。滑降はもう少し下らないと出来ない。30mばかり下ると岩も隠れて雪も軽く積もっている。いよいよ滑降開始だが、ターンするのに余裕が無い木々の生え方である。それでも樹林帯を上手に選んで滑っていく。斜度が緩んでも木々は濃い。仕方なく、夏道沿いに滑るが、こちらも両脇の木の枝が雪のせいで夏道に垂れていて、腰を低くしてターンをしていく。・・・結構楽しい。一つ曲がる毎に次はどっちに曲がっているか、見極めながらの滑りで、ちよっとだけ緊張感がある。
 夏は小さな湿原になっている平坦地で遅い昼食をとった。ここからは池の平の駐車場へ滑り込んでいくのも良いが、高峰温泉へは遠回りなので、湿原の平坦地から林道に滑り込むルートをとる。平坦地からほんの僅かでターン二つ程度の下降で林道に滑り込んだ。水の塔からの稜線が良く眺められる。
 林道は、既に何人もクロカンをしており、しっかりとトレースが付いていた。高峰温泉へは若干の下りなので、スキーが滑って楽である。何人も追い越して高峰温泉までは25分程度である。実に快適に林道を行き、雪に覆われた高峰温泉に着く。高峰温泉は二度目であり、冬は初めてである。夏より風情があって良い。
 500円の入浴料である。独り占めで温泉にゆったりと入って疲れをとった。駐車場まで20分程度の歩きがこの後必要である。
第一駐車場11:00==水ノ塔へのコル11:25==水ノ塔12:10==篭ノ登13:35==下部の湿原14:00/14:20==高峰温泉14:45/15:20==第一駐車場15:40