ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

黒姫山

 93年3月21日 黒姫山テレマークツア 単独 日帰り黒姫山頂よりのパノラマ
8:30 黒姫高原スキー場に車を駐車し出発、リフトに乗り継ぎ最終リフトより歩き始める。目標は山頂直下にそこだけ真っ白になっている雪原である。見上げるとかなり上にある。
9:30 リフト終点から直ぐの1559m地点に小泉ケルンがあり、妙高や野尻湖が良く見える。黒姫外輪山の稜線に出てを少し登ると
10:40黒姫山山頂に着く。高妻山の展望が特に素晴らしい。妙高や斑尾、飯綱も素晴らしい。
戸隠や五地蔵山越しに北アルプスの展望が広がっている。黒姫山をMTBで半周
11:30 山頂でシールを外していよいよ滑降開始する。外輪山の稜線を忠実に滑って行く。山頂直下は特に快適に滑れる。西へ西へと滑って行く。1998m地点付近のブッシュ帯は気北側を巻く。1983m地点のピークを過ぎて大ダルミを目指して稜線から南寄りの斜面に入っていく。
12:20疎林の中を滑って雪原となっている大ダルミに到着。妙高や火打山が樹林越しに見え、滑降の休憩地である。テーブルを作りビール、ラーメンのいつもの昼食を摂った。13:30まで大休止となった。
大ダルミからは最初は沢沿いに滑り、次第に左岸の尾根上を滑って行く。地図上の夏道沿いに行く。疎林の中の滑降である。と、タラの木の生い茂る斜面を一滑りすると林道に出る。後は林道を飛ばしていくと14:30に戸隠大橋に到着し終了となる。
 この後、スキー場まであらかじめデポしておいたMTBに乗り、黒姫スキー場まで車の回収に向い、MTBを車に詰め、再度戸隠大橋に残したスキーセットを回収し長野の実家に帰った。結局、黒姫を半周するツアとなったことになる。