ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

神楽峰、小松原湿原

2001年4月14日〜15日 神楽峰、小松原湿原テレマークツア 東芝山岳部 太田、深道、岩切、山下、塚田
前から、行きたかった小松原湿原のツアにいよいよ出かけた。久しぶりに細めのダブルキャンバ・うろこ付きの板を使う。同行の岩切氏は二度目、山下氏は初めてのスキー山行である。天気も上々に恵まれ、快適な小屋も有り、なかなかのツアとなった。神楽峰へ
14日 小松原避難小屋へ
7:30 越後湯沢駅で皆と待ち合わせであったが、小生、道路不通も有り7:45分全員集合となった。車に分乗し、かぐらスキー場へ向かう。スキー場は結構混雑している。シーズン最後か・・・。ロープウェイで一気に上がり、早速リフトまでの滑り、次のリフトに乗り・降り、次のリフトへ滑る。ここは斜度も標高差もある。同行の岩切氏、山下氏はここが最初の核心部だったようで、なかなか降りて来ない。下から見上げる我々は先行きの不安を感じ始めていた。霧の塔への登り
10:30 リフト終点到着。シール登行開始。神楽峰を目指して、ドビーカンの中、針葉樹の疎林の中を登る。しばらく行くと、カッサダム湖、それに谷川や尾瀬の山々が見渡せて気持ちの場所にてる。汗をかきかき登っていく。
12:00 皆は、神楽峰に行かず、そのまま1984m峰に行くと言うので、小生一人だけ神楽峰に立つ。2030mの山頂より苗場山がでかく見渡せる。良い山である。とって帰して1984m峰で休憩している皆と合流。ここから霧の塔までアップダウンが続く稜線でシールのままか、外すか悩む所だが、折角だから外して滑りを楽しむこととする。約100m下ったコルで再度シールを付け霧の塔手前の2010m峰まで登る。
13:40 皆があまり来ないのでシールを付けたまま、この山の斜面を滑ってみるが、転倒。シールがじゃまだ。皆が来たところで大休止。ここからの苗場山も凛々しい。さていよいよお楽しみの滑降その1となる。霧の塔までさっと滑り、日影山とのコルまで約200mの高度差、斜度も結構有り。雪の状態も良く、細い板ながら快適にコルへと滑り込む。先行者が写真を撮ろうと用意しているが気にせず、ガンガン滑り、写真構えOKの前に滑り込んだ。
14:00〜15:30まで休憩となる。私の次に深道氏が降りて来て、山下氏も滑り込んできた。が後が待てども来ない。しばらくたってはるか上部にその姿を発見したが、進んでいる様子が無い。天気が悪くなる頃、やっと降りてきた。急がねば。
日影山を乗り越えると、大きな斜面のひろがり遊んで行ききたくなるような所。雪が降ったりと怪しい天気となったが、晴れたりと安定しない天候。1860m峰を稜線沿いに越えて次のピークから小屋に伸びる尾根沿いに滑降をする。目指す避難小屋を探す物のなかなか見つからない。やっと発見し、その方向に滑降する。先行者のトレースも出てきて無事17:30到着。
小松原避難小屋15日 一路北へ、津南グリーンピアスキー場へ
昨夜は小屋の中で宴会。結構飲んだが、スカっとして起床。昨夜の新雪が僅かに積もっている。天気は快晴。申し分ない。
小屋の掃除をしていざ出発する。岩切さん林間滑降
7:00 小屋前の僅かな斜面を登ると雪原が拡がっている。若干西寄りの北に進む。夏道とほぼ同じ様に進むこととする。いくつかの雪原を横切るとやっと滑降ができそそうな斜面出会う。少し西に来すぎたので東寄りに若干の修正。林間の気持ちの良い滑降だが、雪質がよろしくない。転倒をしたり、しそうになったりとする。斜度が緩むと日の光が、当たるせいか雪質も柔らかく、再度快適な滑りとなる。地図ではなかなか判断できない目立つ物が無い地形にちょっと手こずり慎重に北を目指す。
夏道が走る尾根に無事入った。後はこの尾根を行くだけである。振り返ると昨日、越えてきた霧の塔や日影山が遠くに、見えている。結構来たなぁ、と実感する。時間はたっぷり有るので、お茶を湧かして休憩とする。即席のテーブルをこしらえて5人座ってのミニランチとなった。
と、ヘリが何度も飛んでいく。東よりの尾根にスノーモービルが走っていく。どうもここもヘリスキーをやっている様だ。いったいどこまで客を運び上げているのだろうか。
ここでスキーヤーに会うのも厭なので、そろそろ雪で冷えたお尻を上げて、出発とする。相変わらず快適な尾根の滑降である。大きな白樺の木が一本だけある雪原を横切り、しばらく行くと、畑地帯だろうか真っ白な雪原が見渡せる場所に来る。もうゴールは近いと言うことらしい。
その後も忠実に尾根を行くと、斜度がある斜面に出て、そこを滑り終えれば、畑地帯に出る。夏場の倉庫代わりか、バスが雪の中に何台も埋もれている。グリンピアスキー場が、左手奥に見えている。そのまま目指すだけで、リフト終点より少し下に出る。折角だから少し登り、リフト終点へ。
10:00 リフト終点。越えてきた山々が、ほんとうに遠くに見えているのが印象的だ。
その後、ホテル前までビュンビュンと滑り込み、入浴。そしてホテルのバスで湯沢に送ってもらい、かぐらスキー場の車を回収し、解散。

追伸、このコースは視界不良の時に、絶対迷うコースである。天気の良いときに行きましょう。