ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

北八ヶ岳周遊1(ピラタスロープウェイ〜竜源橋)

北八はクロカンの世界縞枯山荘 91年1月19日 北八ヶ岳周遊テレマークツア  単独
 ピラタスロープウェイ〜大河原峠〜竜源橋〜ピラタスロープウェイと言う周遊するコースを行く。大河原峠より竜源橋だけが滑降できるだけで後は歩きのコースである。カザマのダブルキャンバーのマウエテンエアで行くことにした。
9:10 朝一番のピラタスロープウェイに乗り込み山頂駅で下車し、縞枯山荘に向かう。シールは付けなくて良いし、持って来なくても良い。雪が少な目である。雪で埋もれた登山道を行く。 10分程度で着く縞枯山荘は、三角屋根のムードの良い山荘で、テレマークスキーの練習をする人もちらほらでかなりのテレマーカーが来るようである。縞枯山を背景に煙突から煙りが出ていた。雨池峠を越えるのには、うろこの着いたマウンテンエアでも困難であったが何とか峠に着く。ここから雨池までは下りである。バーンは固いし、所々木々が出ており、少々苦労する。
10:00 雨池手間の林道まで来ると雪も柔らかくなってきた。雨池はもちろん全面結氷していた。池の端よりは黒い森越しに縞枯山が良く目渡せる。池を一周して林道に出た。(次の機会の来た時は、池の中にテントを張って幕営した。)
11:00 雨池峠よりの下って出た林道地点までもどり、後はあまり面白くもない林道歩きを延々することになる。気温も上がり雪も重くなってスキーは滑らない。汗がでるが、青空と小鳥のさえづりに気も軽くなる。双子池入口を過ぎて林道が北斜面に入ると舗装路部分もあり、風で飛ばされて雪がほとんど無い部分も出ている。大河原峠
13:30 大河原峠に到着。浅間山が良く見える。蓼科山は近すぎて迫力が無い。八は、双子山に隠れて見えない。14:10まで昼食休憩を小屋脇の風の来ない場所で取る。さて、いよいよ大滑降である。が雪が重いモナカ、積雪も不十分で、まだ笹が見え隠れ、傾斜も緩く、全く滑らない。滑降のはずが、歩きに近い感じとなってしまった。天祥寺原で林道より初めての人と出会う。夏道沿いに行くのが正しいのだが、どこで迷ったのか途中、沢の中を滑り事となり、大岩を飛び滑ったりと肝を冷やした。右沿いにコース取りして夏道に戻り滑るがターンするのにも苦労する狭い道のコースである。
15:40 竜源橋に到着する。スキーをしまいピラタスロープウェイまで車道を歩く。最後のヘアピンコーナが連続する辺りなど、特にしんどかった。
17:00 暗くなったピラタスロープウェイ駅到着。