ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

保貴谷岳 1529.1m
歩行:1時間                 グレード:★
場所:長野市・真田町             記 録 日:1998年5月31日
保貴谷山頂の祠プロフィール
自宅より奇妙山の右肩に見える山である。冬に菅平から登ってみようと思ってはいたが出来ずじまいの気になる山であった。菅平の西の一角をしめているもののスキー場開発とは縁が無く地味な存在であり、その分静かでヨロシイ。1529mの標高があるものの2200mを越える根子岳の脇役で見えるので関心を引かないのであろう。
コースガイド
地図の上の登山道は完全に廃道であり、登山道を探して林道をうろうろしてしまった。登山口は菅平よりの林道を少し入った所からである(下の地図参照)。地蔵峠より北に伸びる林道よりも大丈夫だが、前述の登山口まで歩くこととなる。登山道は登山口より真南に通じており山頂に近づくに連れて急になる。
ほどなく祠や記念塔があり展望の利く山頂の西の一角にでる。三角点は南東に5分程度行った所にあるが、笹薮に覆われている。また、展望もない。西の山頂ではちょうどレンゲツツジ美しい花をつけていた。しばらく展望と朝食、それにワラビ取りを楽しみ、来た道を引き返した。
今回は地蔵峠よりの林道より来たが、菅平側の林道より来る事を薦める。
コースタイム(1時間)
菅平登山口==30分==保貴谷岳(西端)==5分==三角点==5分==保貴谷岳(西端)==20分==登山口
参考情報
・ 50000図…須坂