ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

五里ヶ峯 1094.4m
歩行:3時間                 グレード:★
場所:更埴市・坂城町             記 録 日:1998年5月9日
プロフィール
長野発の新幹線が最初に入るトンネルの名は五里ヶ峯トンネルである。私は毎日2回この山の下を通勤で通っており、縁の深い山である。登山道の途中には、戦国の昔にこの地を治めた村上義清の葛尾城跡もあり、楽しませてくれる。また、展望も良く、北アルプス、戸倉の町や坂城の町を見渡せる。
コースガイド
登山口は坂城町の坂城神社からである。車が4台程駐車できるスペースがある。神社の東側の道を左の折れ、ブドウ畑の中を行くと指導標が現われ右手の近道と直進の道に別れる。いずれも葛尾城に通じる道である。私は右の近道を行った。
すぐに松林の中の砂礫の急登となり、頂上までそれが続くことになる。途中、昔の送電線鉄塔脇を通る。松茸が出るらしく松林の中へは立入禁止となっている。
葛尾城跡は好展望である。桜の古木が数本あり、その季節には展望を楽しみながら花見ができる。目指す五里ヶ峯は鳥居越しに良く見えている。
五里ヶ峯へ進むと何回となく急な上り下りがあり、また石が積み重ねた場所がある。これは葛尾城を敵の攻めから守るための切り落としや櫓などがあった名残の様である。まさに難攻不落の城であったと言う事です。
と、歴史的に感動しているとすぐに林道終点と出会ったり、送電線の鉄塔(現在活用中)がバーンとあったりしてがっかりする。しかし、ツツジが奇麗に咲いておりその分を挽回していてくれる。しばらく単調な登りの後、桧の森を過ぎれば頂上となる。
切り払われた草地の山頂であり、展望が素晴らしい。特に戸倉の町越しに北アルプスで良く見渡せる。長野方面も開けており飯綱山、高妻山、戸隠また聖、冠着山もGOODである。千曲川は、きらきら川面を輝かせている。
帰路は葛尾城跡まで戻り、登ってきた道を下らず城跡に背を向けて尾根づたいに下る。カモシカが飛び出してきてびっくりした。100m程下ると左手に坂城神社方面に下る指導標(遊歩道)があり、またもや松とほうの木の急坂を一気に下る。道が緩やかになれば坂城神社は近い。
コースタイム(3時間)
坂城神社==50分==葛尾城跡==1時間==五里ヶ峯==40分==葛尾城跡==30分==坂城神社
参考情報
・林道終点と山頂にはタラの芽多し
・50000図…坂城