朝起きたら9時だった。この土日は天気が悪い。でも先々週の様な雨では無いので、気軽なところを行こうと思い、その雨で先々週敗退した高デッキ山に行く事にした。しかし、9時に起きて食事をして10時過ぎに出発というノンビリムードは良い感じである。戸隠スキー場へ着くと、やっぱり曇天で雪もちらほら。飯綱や戸隠の山々は全く見えない。今日は展望の楽しみは無しである。まぁ仕方が無い、とりあえず行こうと言うことでリフト二つを乗り継いで瑪瑙山頂に着く。さてここからは下りで、シールは下ったところからである。
戸隠スキー場〜リフト二つで瑪瑙山11:45〜東斜面で1630mの雪原11:50〜高デッキ山12:40/12:55〜高デッキ南西斜面〜戸隠スキー場駐車場13:19
瑪瑙山頂から東斜面を滑る

瑪瑙山頂からは東斜面を木々のまばらな部分を選んで滑っていく。滑り込む1630m程度の雪原が見えているので、そこ目掛けて滑れば良い。但し、あまり下ると登り返しになるので注意。雪は重く、少々滑り難い。
今回はいきなり雪原に滑りこんだが、瑪瑙山と飯綱山のコルに滑り、そこで進路を北にしてひと滑りして雪原に入っても良い

1630mの雪原
高デッキ山頂
雪原に降り立ったらシールを付けて瑪瑙山頂より北東の延びる小尾根を越える。尾根を回り込むと霊仙寺山と高デッキ山の間の大沢が右手に見えるが、こちらへは行かず、左手よりに進み、高デッキの南に広がる緩やかで広い斜面に取り付く

先行する二人組み

ちょうどここで先行する二人連れを確認。さきほどの雪原よりトレースが着いていたけどこのお二人のものだった。私はここから高デッキの南の小ピーク方面に登るため、写真の雪原の右手を行った。
小ピークを越えて高デッキとのコルに向かうと4人パーティの方たちがお茶をすすりながら休憩したいた。なかなかここはこんな天気でも人がいる所である。
高デッキ山頂

コルから疎林の斜面をほんひと登りで山頂に着く。展望は全く無し。残念だが、(まぁ次回来る時は展望のよい時にしよっと。) 山頂の枯木の下は、何故だか穴ぼこが空いていた。注意しないと落ちる。さてさて、展望も全く無いし、雪もいまいちだし、戸隠大橋方面に行っても、車の回収は大変だし、ということで、アッサリ当初の予定の戸隠大橋への滑り込み(この雪だと後半半分は歩き滑りかか・・・)はあきらめて、最短距離で戸隠スキー場に滑り込める南斜面から南西方面に向かうこととする。

シールを取ってイザ南斜面へ。

雪が悪い、少々モナカっぽい感じであるが、めげずに滑っていくと、どう考えてもスキー場を滑るスキーヤーが前方50mにいっぱいいた。戸隠スキー場の新しいコースなのか、私が単に知らないかだけかはしらないが、もうスキー場だった。ほんとうに楽勝のショート・ショートツアであった。この後、何となく物足らないので保基谷岳に向かった。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

高デッキ山1717m テレマークスキーツアー


歩行:1時間34分  メンバー:単独
場所:北信     記 録 日:2003年2月22日