ホーム]に戻る

白鳥山1286m 独り宴会山行 だったが避難小屋は2人


■記録日:2012年10月19日〜20日 ■3時間46分 ■場所:北ア
■メンバー:単独 ■装備:宴会セット

18日は東京出張で、夜は久しぶりに山岳部の面々と集い、何故か宴会を。超はやめの忘年会かな・・・?。なんて深夜に長野に戻りました。翌日は10時過ぎに自宅を出で一路日本海へ、白鳥山の単独宴会山行と言う計画です。紅葉も見ごろかな、なんて思い決行します。途中糸魚川のMaxValueで刺身とビールとスキヤキの肉を調達し坂田峠へ。ここで1時30分程度。荷物は軽い、さぁ登りましょう。・・・紅葉は少しだけ早いかもです、が十分でしょう。
◆10/19 坂田峠登山口駐車場13:27〜白鳥山15:06  10/20 白鳥山7:17〜坂田峠登山口駐車場8:34
紅葉が見ごろです

坂田峠付近の紅葉はまだですが、金時坂を登り、シキ割を通過、さらに山頂直下付近まで行くと紅葉がいっぱい。丁度今が盛りの感じでした。

白鳥山頂北側の紅葉と青海黒姫山と日本海
白鳥山の展望はなんと言っても日本海が見えることでしょう。小屋の展望台よりの風景です。
犬ヶ岳

栂海新道の一番の山の犬ヶ岳です。あの山頂は二度踏んでいます。北ノ又谷を遡行してたどり着いた9月、それにやはり白鳥山に紅葉狩りに来た10月、あそこの小屋も素晴らしい!。

日本海に沈む夕陽
能登半島もかろうじて見えています。手前は黒部付近でしょうか。この日の夕陽は空全体を赤く染めることは無かったのですが、まぁ十分楽しめる夕陽でした。これもこの山ならではの景色です。
独り宴会中

今回の目的は独り宴会。日頃酒浸りの生活ですが、やはり山では飲みたくなる。とは言え自重してビール2本と焼酎250ccのみです。この位が肝機能が弱った私には丁度良いみたいです。
20日朝、影白鳥山が日本海に伸びた

日の出は妙高山の右手より出た。高妻山か戸隠を紅く染めていた。少し陽が高くなると白鳥山の影が日本海と伸びていった。なかなかこれまた良いね。昨夕はやはり青海川源流の森に、白鳥山の影が伸びていた。夕方と朝方に連続の影白鳥山を見ることできました。

剣岳を遠望
白鳥山からのもう一つの展望が良いのは栂海新道が朝日岳まで見えること、それに初雪山とこの剣が見えることでしょう。手前にちょうど良げな紅葉もあり良いアングルとなりました。夕方は雲で隠れていましたが翌朝は快晴で剣もバッチリです。
さらば白鳥山避難小屋

さて、これで下山します。今回は小屋には栂海新道を縦走するオジサンと二人でした。私は1階、オジサンは2階。2階がこの小屋のお勧めです。また水場には行きませんでしたが、直下にあります。ちと、あぶない水場ですが、秋でもチョロチョロ出でますね。