昨日は台風の影響が残り展望が得られなかった。今日朝起きると青空である。志賀高原の山はほとんど登っていないので、やっつけに出かけた。あわせて冬のスキー縦走 四阿山〜万座温泉の下見でる。
↓は、横手山からの南方面の展望(左より白根山、本白根山、浅間山、四阿山、根子岳)
無峠よりの浅間山

毛無峠につくと既に車が一杯である。とても気持ち良い風が長野方面から吹き上げてくる。写真をとったりリモコングライダーを飛ばしたりとしていた。この峠からは浅間山がとても良く見える。峠はガンコウラン(?)に覆い尽くされている。
毛無峠よりの破風山
10:10毛無峠〜10:33/10:37破風山〜10:56/11:02土鍋山〜11:35毛無


破風山はなかなかの姿である。登山道は笹に覆い尽くされている。山頂は絶壁の上でとても気持ちが良い。
破風山登行中からの榛名山(左)と浅間隠・鼻曲連山

毛無峠より小串硫黄鉱山跡に林道が延びている。写真では茶色の広場となっているのがそう。廃鉱となって久しいのだろうか。この硫黄を運ぶためか、ケーブル塔の残骸が鉱山から峠を越えて長野方面に点々としている。
空は青く済んで綺麗である。
土鍋山山頂

破風山から笹原の道を僅かにいったん下り、再度樹林帯を登り返すと山頂となる。ここからさらに浦倉山まだ笹が歩道調査のため刈りはらわれている模様だが、登山道ではない。きっとヤブであろう。土鍋山は標高1999.9mでまぁ2000mと言うこと。西暦2000年の時には賑わったそうである。

破風山からの毛無山
11:45毛無峠〜11:53/12:00毛無山〜12:03毛無峠

毛無峠から
南斜面の僅かな登りで着く。ここからの展望も良い。山頂には小さなケルンがある。北側の斜面は草原である。御飯山にかろうじて道が続いている様であった。
老ノ倉山からの展望
 
12:14分岐の登山口〜12:22/12:26老ノ倉山〜12:32分岐の登山口
老ノ倉山は万座への道と毛無峠への道の分岐から登る。急登をクッとすると直ぐ着く。展望はすこぶる良い。
北側の展望 左より笠岳、岩菅山、横手山、白根山と続く
南側の展望 左より御飯山、浅間山、毛無山、土鍋山、破風山、四阿山、根子岳と続く
横手山頂からの展望を楽しむ人たち
13:00渋峠〜13:25/13:33横手山〜13:53渋峠

横手山は渋峠の駐車場からであるが、ここだけは人でいっぱいである。ちょっと気が思いが、とりあえず山頂には行こう。リフトで上がる老若男女に横目に山頂へ繋がる林道を行く。山頂台地には電波中継等、リフト棟、山頂ロッジなどがいろいろあってかなり観光地化されている。横手山山頂は少し東に行ったところである。皆、結構ぞろぞろと行くようである。
山頂の展望は南側が開けて素晴らしい。
帰路は山田牧場経由で帰った。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

志賀高原南部 ショート山行
破風山2009m、土鍋山2000m、毛無山1941m、老ノ倉山2031m、横手山2305m


歩行:3時間43分    メンバー:単独
場所:上信国境    記 録 日:2003年9月14日