二日前の金山沢が思いのほかに調子が良かったので、1日足の休養して杓子沢に出かける。3時45分起床して一路猿倉に向かった。猿倉の小屋前駐車場の最後の1台に滑り込む(その後数台さらに止めた)。金山沢と違い、今日はかなりの歩きとなる。膝のサポーターは長い時間歩くと擦れて痛いので、登りはつけず滑降の時につけることにする。
さぁもう明るくなってしまった。出発である。先行するパーティが何組か既に出発している。
↑白馬大雪渓の中間地点 いったいこの下は何メートルぐらい雪に埋まっているのだろうか?
猿倉5:30〜白馬尻6:25〜葱平2415m地点8:35/45〜稜線2650m9:22/40〜杓子沢入口10:12/40〜2060mトラバース終了地点11:00/20〜双子尾根越(長走沢入口)2130m11:48/12:00〜長走沢林道出合12:20〜猿倉12:30
太陽が顔を出した中、猿倉を出発

猿倉小屋の上のブナ林の中を登ると、ちょうど白馬岳がブナ林越しに出てきた。今日も快晴間違え無しの天気で日焼け対策も重装備にした。白馬尻に着くとまだ小屋の土台堀もしていなかった。白馬主稜には何組か取り付いていた。
大雪渓の中間地点より振り返る

何人かが私の後から登ってくる。ここまで休憩無しである。この先の急斜面を登りきった葱平のところで休憩と決めて、もうひと頑張りである。ツボ足で先行者が登るもんですから私もツボ足にして登りました。
今年の大雪渓には白馬沢からのデブリがあった。中間地点も大したことの無い小デブリがある程度で比較的歩き易い。例年こんなもんかどうかは知らない。
葱平からの杓子天狗菱

最初の休憩。約3時間である。そりゃ疲れるわ。今日最初の水は実に美味い。
ここは前回と前々回の大雪渓ツアの終了点である。こんなに天気の良いのは初めて。いつもガスの中と相場が決まっていた大雪渓
でしたが今回は満足満足。
稜線到着 劒岳が尖がって見えている

最低鞍部から稜線に出ました。毛勝三山と劒岳が目立ちます。それ以外は意外と見えません。白馬鑓ヶ岳のでかい山容がじゃまで北ア南部の山々は全く見えず。まぁそれでも劒が凛々しく見えているのは良いことである。それと旭岳の南。西斜面はなかなか素晴らしそうである。何人かとりついたいた。
毛勝三山

昨年の秋に仲間と行った山である。真っ白なので次週あたり行こうかな、と思案している。昨年水を求めて下降した折尾谷も白く埋まっている。折尾谷とブナクラ谷の二連ちゃん接続滑降も面白そうである。
最低鞍部上部よりの白馬岳、小蓮華岳と杓子岳の一部、遠くに妙高連山と高妻山が見える
杓子沢への入口

杓子岳の夏道は雪がついていたり消えたりと言う状態であり、スキーを担いで夏道のトラバースをする。白馬鑓がでかく眼前に聳えているが、この山とのコルが杓子沢の入口である。白馬鑓山頂付近からも滑り込めるが、もう登るのはイヤなのでここからのスタートとする。
杓子沢上部

コルの少し上部から杓子沢への雪がつながっているので2720m地点から入り込むことにする。先ずは膝のサポーターを着ける。ワックスも入念に塗る。暖かいので固形ワックスが大量に付いてしまう。
さて滑降開始とする。斜度は大した斜度ではない。ちょうど雪も緩んでいてちょうど良い加減の斜度で、今日も膝の調子よくバサバサと滑り込んでいった。
しかし・・・下るに従い、石でガリガリ状態に突入していった。
杓子沢のノド部分から下方のカールを見る

ノドと言っても少し狭くなるだけで相変わらず広大な斜面である。この岩壁からは時折、石と雪が落ちてくるのであまり寄らないで滑り込んでいった。こを過ぎると杓子沢カールのど真ん中となって左右に半円形で広がっている。ちょう双子尾根には何人か休憩していた。またカールの上部をトラバースしてくる二人組もいた。結構上から雪が落ちてくるのでカール上部は危ないかも。
その一番狭くなる部分

狭いとは言えない広さである。
自分の滑りが写真にうまく撮れないのが残念である。・・・今日、今は私だけの斜面となりました。
杓子カールの下部より上部を見る

奥の右から滑ってきたのであるが、滑り出し地点は見えない。結構、雪の落ちてきた塊があちらこちらに散乱している状態であり、石もいっぱい落ちていました。白い石なので見分けがつかず、そのままダーと上に滑り込んでしまうこと多々。
この後は2050m程度で左からの岩峰の横を通りトラバースして双子尾根を目指す・・・が100m程度の登り返しとなる。シール登行。
トラバース終点で休憩したいたら、上から雪の塊が落ちてきた。ちょうど私の横1mをすり抜けていきました。大したでかい奴では無いが当たると痛そう。
双子尾根を登る登山者(上部の岩壁が杓子岳?)

今日中に杓子岳を経て白馬山荘にでも泊まるのだろうか。まだまだ先は長い、ご苦労さんである。私はここから下りのみで気分も楽チンでる。さてシールを取ってワックス塗って行きますか。
長走沢上部

双子尾根から滑り込む。超快適モードの滑りがしばらく楽しめる。雪はターンのたびゴロゴロと落ちて行く塊もあるが、塊より速く滑れば良い。
長走沢下部の土砂デブリの猛威

2130mの長走沢入口付近から延々と繋がっている。右岸の斜面を利用して滑ってきました。このデブリが無ければ快適な沢底の滑りであることは間違え無し。それでも結構良い雪質で快適でした。滑っていると3人の方が登っていきました。この沢だけを滑るのだろうか。

この後、右岸台地の平坦地(ここはいつもテント場となっている)には入らずそのまま沢を行き、林道に出て猿倉へ。天気が良すぎて暑い1日でした。
膝の靭帯は、もう大丈夫かもしれない。かな。

ホーム][山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

杓子沢・長走沢2720m テレマークスキーツアー


歩行:7時間00分  メンバー:単独
場所:北ア     記 録 日:2003年5月3日