ホーム]へ戻る
2011年の山行一覧

目的地

最高点(m) 地域

withメンバ

日程

コース

一言

形態

白馬乗鞍岳 2450 北ア 単独 12/31 栂池S〜天狗原〜白馬乗鞍〜大池手前〜白馬乗鞍〜天狗原〜栂池S 残念なことに船越頭手前でガスでアウト。・・・致し方なく白馬乗鞍東面、こちらは風パックっぽくてちと重い。 テレマークスキー山行
鍋倉山 1289 信越国境 単独 12/29 温井〜田茂木池〜巨木谷右岸尾根〜鍋倉山の往復 積雪はもう十分です。パウダーが楽しめました。次回は激パウの巨木谷ほ滑ろうかと。 テレマークスキー山行
栂池スキー訓練&雪上宴会 *** 栂池S 佐藤、太田、油井、塚田 12/24 栂池スキー場内 雪上宴会では、酒類販売会社勤務の方も居て飲みすぎました。スキーの方はもっと練習しないとツアにはきつい。 宴会・訓練
鍋倉山〜黒倉山 1289 信越国境 単独 11/5 登山口〜巨木の谷〜鍋倉山〜黒倉山〜茶々池〜登山口 残念なことに巨木が枯れていた、・・・あの谷はやはり冬が良いかもです。 登山
東太郎山 1301 北信 単独 11/3 細見尾根林道の駐車スペース〜北尾根〜東太郎山の往復 ルーファイ訓練となった。この林道からの登山道は廃道だと思います。 登山
穂高池巡りと北穂東稜 3106 北ア 単独 10/7〜9 上高地〜徳沢〜奥又白池〜五六コル〜涸沢〜北穂東稜〜北穂〜A沢コル〜北穂池〜涸沢〜パノラマ新道〜上高地 課題であった池巡りとセットにしてこれまた課題の五六コル越えとき北穂東稜をやってみました。雪がついていて緊張もしたが楽しかった。 登山
飯縄山 1917 北信 単独 10/2 飯縄山南登山口〜飯縄山〜南登山口 昼飯前トレーニング。帰路飯縄マラソン会場でいろいろと。 登山
霞沢岳(八右衛門沢) 2646 北ア 単独 9/24 帝国ホテル〜八右衛門沢〜霞沢岳〜JP〜徳本峠〜上高地 八右衛門沢による霞沢岳はいつかやろうと思ってた課題のコース。今度は残雪期に滑り降りようと思う。霞沢岳は穂高の展望抜群。 沢登り?登山
そうれ谷 *** 北ア 太田、清原、油井、山森、砂川、岩切、倉橋、塚田 9/10 車道〜そうれ谷入口〜滝見学〜遡行〜車道〜揖保の糸〜福地温泉・ごべい餅 極上のナメ沢、ナメだらけ沢だった。こんな沢は初めてでしたね。しかし何故ナメしか無いのか? 下山後は揖保の糸を堪能。 沢登り
信越地方の某沢 *** 信越地方 単独 9/8 某所〜某山〜某沢の往復 いやぁ、思った以上に入渓に苦労しました。苦労しがいはあったかな・・・。 沢登り
赤石沢 3120 南ア 太田、倉橋、塚田 8/12〜15 牛首峠〜ニエ淵〜堰堤〜洞窟滝〜百間洞大滝〜赤石岳〜赤石小屋〜サワラ島 三度目の正直は水量も天気も恵まれた。焚き火もまぁまぁで思い出深いよい山行。さすが南アを代表する沢でした。 沢登り
大黒沢 *** 北ア 単独 7/23 林道ゲート〜大黒沢の往復 MTB事故の山行となってしもた。10針縫ってしまった。まぁ年だし注意しよう。 沢登り
丹沢登山研修センター *** 丹沢 太田、倉橋、塚田(他多数) 7/? 東京駅〜高速〜丹沢登山研修センター〜大秦野〜東京駅 年に何度かある山岳研修に参加、今回は丹沢研修センターにて確保訓練。肩がらみで大型タイヤを落下・制動停止・自己脱出で。 確保訓練
白馬大雪渓 *** 北ア 単独 6/22 猿倉〜大雪渓入口の往復 ほんとうは白馬までスキーで行きたがったが、日頃の疲れのため花見山行としてしまった。 花見
旭岳北面と小蓮華岳直登ルンゼ 2867 北ア 単独 5/15 猿倉〜白馬大雪渓〜旭岳〜北面滑降〜柳又谷源頭底〜小蓮華岳〜直登ルンゼ滑降〜白馬沢〜大雪渓〜猿倉 旭岳北面は想像以上の素晴らしい斜面でした。斜度も緩く快適。二度目の直登ルンゼ、今度は晴れていたけど落石多くて落ち着かない滑りだった。 テレマークスキー山行
針の木峠 2540 北ア 金田夫妻、塚田 5/7 扇沢〜針の木雪渓〜針の木峠の往復 金田夫妻と針の木峠へ。針の木雪渓は経験した事の無い大デブリで埋まっていた。来年までにちゃんとスキー練習しといてね。 テレマークスキー山行
五竜岳Aルンゼ 2720 北ア 単独 5/6 五竜S〜遠見尾根〜五竜小屋〜Aルンゼ〜シラタケ沢〜西遠見山〜遠見尾根〜五竜S 昨年は山頂からのBルンゼでした、残しておいた宿題のAルンゼを滑ってみた。ちと石の散乱が多くて。でもこれでAB達成です。 テレマークスキー山行
岳沢と天狗沢 2830 北ア 単独 5/4 小梨平〜岳沢〜天狗沢〜天狗のコル〜天狗沢・岳沢滑降〜小梨平 西穂高沢か間ノ沢か天狗沢かと思案してやっぱり天狗沢にした。天気が悪く撤退したが途中から晴、再度戻って天狗のコルへ。なかなか穂高らしい良い景観です。 テレマークスキー山行
横尾谷右俣と天狗原カール 2986 北ア 単独 5/3 横尾左右出合(幕)〜横尾右俣〜横尾尾根コル〜天狗カール〜2986ピーク〜天狗原滑降(池下まで)〜横尾尾根コル〜右俣滑降〜幕撤収〜小梨平 昨日は左も、今日は右です。ついでにその辺の大斜面も、と言うことで天狗原カールの斜面を楽しみました。天狗原カール気に入りました。 テレマークスキー山行
横尾谷左俣A沢(長谷川ピーク直下) 2750 北ア 単独 5/2 上高地〜横尾〜横尾左右出合(幕)〜左俣〜A沢2750m〜滑降〜幕 皆で行くGWは無くなってしまったので単独で穂高の裏へ。天気もまぁなんとか持ちそう。横尾本谷左右狙い。 テレマークスキー山行
雨飾山P2 1900 信越国境 太田、倉橋、塚田 4/30 駐車場〜大海川〜東面大斜面〜P2の往復 GWは悪天でいきなり予定変更で雨飾山へ。が、途中から雨、そして駐車場に帰り着くと雷鳴がゴロゴロ。まぁこんなGWもある。 テレマークスキー山行
焼山〜高松山 2400 信越国境 単独 4/10 笹倉温泉〜アマナ平〜北面台地〜焼山〜西面〜坊々抱岩〜高松山〜アマナ平〜笹倉温泉 笹倉温泉から焼山には登っていなかった。ついでに高松山はまだである。この二つをセットにした山スキー一周コースです。 テレマークスキー山行
根子岳(午後発の山行) 2207 上信国境 単独 4/3 渋谷区民の家下〜根子岳〜渋谷区民の家下 天気が午後から回復。ならば午後だけで簡単楽しめる根子岳へ。さすがに最初から最後まで誰にも会わなかった。 テレマークスキー山行
九頭龍山北方ルンゼ 1860 北信 単独 4/2 戸隠牧場〜九頭龍北方カール〜北方ルンゼ〜1860m稜線〜北方ルンゼ〜戸隠牧場 懸案の戸隠山稜線から滑べるにチャレンジ。とは言うもののそんなにハードでは無かった。ルンゼ内の状況次第だと思う。 テレマークスキー山行
蒲原山(湯原集落から) 1632 北ア 単独 3/27 湯原集落〜電波塔〜蒲原山〜北東面滑降〜湯原集落 最近開かれたコースに私も行きます。天気は回復のはずだったが山頂に着くころには小雪。視界も良くなくちと地形読みが難しい。 テレマークスキー山行
五地蔵山南東尾根 1900 北信 単独 3/20 戸隠牧場〜五地蔵山南東尾根1900m地点〜戸隠牧場 出かける時間が遅くお気軽で近場への山を選択。そう言えば昨日見た五地蔵山が綺麗だったのでそちらへ。 テレマークスキー山行
九頭龍山北方カール(仮称) 1630 北信 単独 3/19 戸隠牧場〜九頭龍山と北方1888峰の間の谷〜九頭龍山北方カール中央凸部1630m〜1435m安全地帯〜戸隠牧場 前々から戸隠東面の谷をいくつか研究しているのですが、九頭龍山付近に良さそうな谷がある。今回その偵察のつもりであのルンゼ条件が良いときに滑りたい!! テレマークスキー山行
小遠見山〜平川源流ダイレクト 1995 北ア 単独 3/13 五竜S〜小遠見山〜北西斜面と谷〜平川源流〜北尾根〜林道〜47S 手軽に登れて良いコース。一ノ背髪コースよりツアらしいが雪崩要注意のコース。平川へは北尾根登り返しで。 テレマークスキー山行
四ッ岳 2751 北ア 佐藤、太田、塚田 3/5 平湯キャンプ場〜大滝川〜北面台地〜四ッ岳の往復 金曜に天気を確認すると土は快晴、急遽いつものメンバと四ッ岳に行くこととなった。前回は山頂を踏んでいないが達成! テレマークスキー山行
重倉山 1029 信越国境 単独 2/27 西野谷集落〜石高谷林道〜南尾根〜稜線〜重倉山〜重倉谷左岸斜面滑降〜550mより重倉谷底〜右岸林道〜390mで左岸林道へ〜西野谷集落 矢代山地の名峰でしょうか。ここは先日の青田難波山より弱冠標高が高い程度で、とりつきも簡単そうです。滑走の標高差も大きく楽しみです。 テレマークスキー山行
根子岳北西台地東端〜東面滑降 2150 上信国境 単独 2/20 渋谷区青年の家下〜小根子岳〜北西台地東2020m地点〜東面滑降〜1700m平坦地〜小根子岳〜北西台地〜渋谷区青年の家下 根子岳研究の課題、北西台地端からの東面です。根子岳山頂から北面ダイレクトより滑りやすいです。意外に良いコース。 テレマークスキー山行
犬川源流周回(小遠見山、天狗の鼻) 2007 北ア 金田夫妻、塚田 2/19 五竜S〜小遠見山〜天狗の鼻〜P1682〜犬川左俣源流の右岸尾根〜せ1439手前〜犬川源流〜五竜S 天気は快晴の模様なのでたまには歩行もあり展望は最高の五竜S〜鹿島槍Sの縦走コースに。が、ちと鹿島槍Sまでは無理なので五竜Sに周回するコースに変更した。 テレマークスキー山行
根子岳 南北
北面滑降と大明神沢滑降
2207 上信国境 単独 2/13 菅平牧場〜根子岳〜北面滑降〜北面1850m地点〜四阿山との吊尾根〜大明神沢滑降〜1720m地点で右岸へ〜1800m〜菅平牧場 北面滑降は以前から狙っていたコース、この2日間の降雪もあるでしょうから積雪も問題は無さそう。そのまま滑って米子不動って言うのもある登り返して大明神沢へ。 テレマークスキー山行
青田難波山 949 信越国境 単独 2/6 上門前集落〜403m峰〜341mの林道横断〜国見平〜青田難波山〜北北東の疎林尾根を滑降〜341mの林道横断〜403m峰横〜上門前集落 標高が低いので半ば対象外にしていたものの、冬の妙高北峰の山々の景色を思い出したもんですから行って参りました。結論、やっぱこの地域は山は良い。 テレマークスキー山行
岩戸山 1356 北信 単独 2/5 青鬼集落〜1240m尾根〜岩戸山〜東面滑降〜林道990m地点〜林道960m地点〜物見山西尾根1270m地点〜往路の滑降〜林道〜青鬼集落 白馬の街からも見えている山ですね。有名な青鬼集落の裏山です。まぁこんな山は誰もスキーで行こうなんて思っていないだろう。 テレマークスキー山行
東山・南面シュート 1670 北信 単独 2/2 久保集落〜林道上の日道沢右俣分岐〜東山の南面シュート〜西北生尾根1670m地点撤退〜南面シュート滑降〜林道〜久保集落 3年程度前から暖めていたコースに行ってみることにした。南面の地形からすると良さそうと思っていたが確かに良かった。が、山頂は敗退。 テレマークスキー山行
中妻山(滑りは乙妻山北東面) 2297 北信 吉田、松岡、マティアス、石橋、清原、山森、佐藤、太田、塚田 1/29 戸隠大橋〜佐渡山のコル〜中妻山〜乙妻北東面〜氷沢林道〜佐渡山のコル〜戸隠大橋 某集まりに参加。その前に混成パーティによる乙妻北東面のパウダーを頂きに行く。が、パウでは無かった。 テレマークスキー山行
浅間山南面ミニシュート経由弥陀ヶ城岩谷 2480 上信国境 単独 1/22 峰の茶屋〜月面窪地(仮称)〜東前掛山〜前掛山手前〜戻って南面ミニシュート〜弥陀ヶ城岩谷〜追分林道〜峰の茶屋 東面を素直に滑って戻る計画であったが少し体重増加傾向のため、南面滑ってあの超長い林道で帰ることに。南面もパ゙リエーションルートで滑った。 テレマークスキー山行
根子岳 2207 上信国境 単独 1/10 渋谷区山の家〜根子岳〜渋谷区山の家 全く視界が無いし、相変わらず雪が少ない。通常コースの往復でガックリ。 テレマークスキー山行
輝山 1950位 北ア 太田、金田夫妻、塚田 1/9 平湯トンネル口〜南尾根〜輝山1950m付近〜平湯トンネル口 風雪状態、私は天幕で宴会でも良かったのですが、まぁ折角ですから行きました。ここも雪はまで少ない。 テレマークスキー山行
裏天狗〜裏ヒヨ 2204 北ア 単独 1/3 栂池ゴンドラ〜天狗原〜裏天狗ピーク〜北東の谷〜親沢***m〜裏ヒヨのコル〜栂池スキー場 裏天狗でRock&Bushの面々とお会いし最初に谷は一緒に滑った。1598m峰を越して白乗予定だったが雪が少なく、先行きが心配となり裏ヒヨに登り返した。 テレマークスキー山行
浅間山南面(2220mまで)
弥陀ヶ城岩
2220 上信国境 山森、塚田 1/1 追分登山口〜血の滝〜弥陀ヶ城岩谷〜南面のルンゼ下2220m〜南面と弥陀ヶ城岩谷の滑降〜追分登山口 帰路は天狗温泉の真っ赤な温泉に入浴、500円。しかし雪が少なかった、そりと終始山頂から青白い空気が流れて来る日だった。 テレマークスキー山行