ホーム]に戻る

佐渡山1828m 久しぶりの佐渡山 テレマークスキーツアー


■記録日:2009年2月14日 ■歩行:2時間53分 ■メンバー:単独
■場所:北信 ■装備:板/ATOMIC TM22(170cm) ,靴/SCARPA T4 

佐渡山の山頂より 火打山と焼山
佐渡山は2002年以来です。実は本日の計画では東京組と一緒に乙妻山の予定ではあったが前日よりの悪天、気温上昇、のダブルパンチで中止となってしまいました。パウ狙いの乙妻なんですか゜、この状況ではパウは無く、かわりに雪崩なんてあるかもしれませんから。そんな訳でしたが、意外と悪天をもたらした前線の通過は早く、天気も午後にはかにりよくなるみたいなので、サクっと行ける佐渡山まで行って展望でも楽しむか、のノリで出かけました。
◆戸隠大橋12:57〜そのまま山頂へ続く南尾根(正確には南南東尾根か?)〜佐渡山14:50/15:20〜戸隠大橋15:50別途
登行中のブナ林の尾根

戸隠大橋駐車場はドロ駐車場化しており、車を乗り入れるのに躊躇してしまう。私以外に3台停まってます。そそくさと準備をして出発です。雪はもうベチョベチョ状態。重いです。トレースの上を行かないと重くて困ります。
黒姫分岐で佐渡山へのトレースは無い。しょうがなく一人頑張ります。まぁある程度雪も締まってますからヒーヒー状態にはなりません。取り付く尾根は、きれいにそのまま山頂に繋がる南南東の尾根です。小雪で少々小枝がうるさいです。上部に行くと立派なブナのある尾根となります。
佐渡山はあいかわらず雪屁のある尾根を行く

1700m程度まであがると展望が広がって佐渡山が見えます。ここはいつも雪屁の発達する尾根ですが、まぁ今年はこなんもんかの雪屁です。雨か暖かい日のせいか雪屁は丸まった感じとなっていました。私、以前ここで踏み抜きして落ちたことありますのて・・・。注意は必要ですね。さて、もう少しだけ頑張ると山頂です。山頂手前で写真なんか撮っていると後続の方がお一人。私と同様に午後の天気が良いので近場の佐渡山に誘われたのでしょうか。
金山・天狗原山

で、山頂に到着。山頂には黒姫方面から登って来たと思われる学生集団が男性女性10名程度。さすがに若く、何を話しても明るく笑ってました。年をとるとなかなかそんな風には笑えなくなるんですよね。展望はすこぶる良いです。妙高から火打・焼山、それに金山・天狗原と寡雪といえども白い山々が綺麗です。
さて、展望を楽しんだらここで幕を張る彼らと別れて下山開始。快適な滑りはできそうも無いけど行きます。最初は雪屁のある尾根、落ちないようにターンしながら、そしてブナ尾根へ、途中から小枝がうるさいので右手の谷方面斜面を滑って最後は登って来た尾根に戻ります。あとは林道のトレースを行くだけ。