ホーム[2002年の山行2001年の山行][2000年以前の山行][テレマーク][源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

鳥甲山 2037.6m
歩行:4時間45分              グレード:★★
場所:栄村                  記 録 日:1998年9月13日苗場よりの鳥甲山
プロフィール
平家の落ち武者の里として有名な秋山郷の山である。また、信越の谷川岳とも言われており、急峻な断崖絶壁を伴った形の良い山である。奥深い場所にあり、町中からは眺める事が出来ない山でも有る。いろいろな形容詞に飾られる山であるが、そんな隠れた名峰にはのんびりと一人山行があっている。
山の下には魚野川が満々と青く澄んだ水を流しており、また屋敷、切明、和山の温泉が山行をより充実をものにしてくれている。
コースガイド
新潟県津南経由か奥志賀林道経由、いずれも不便な林道を越して入山する。和山と屋敷が登山口である。今回は屋敷口に車を置き入山し、和山口に下山、屋敷まではマウンテンバンクで戻ると言う少し面白い方法をとった。いずれの登山口も林道秋山線にあり、また屋敷口までゆるやかなに下降する林道ということが幸いした。
屋敷口からはいきなりの急登で始まり標高1450mの屋敷山まで一気に高度を上げる。赤ーまでは緩やかな登りと急登が交互に現れる。赤ー手前で鳥甲山山頂と苗場山が見渡せる。登山道は急峻な崖の横を通るようになり、注意が必要になる。笹原の平坦地を過ぎれば和山からの登山道と合流し、右に行けばすぐ山頂となる。
山頂は疎林に覆われており、360°のパノラマとはいかないものの志賀の山々、北アルプス、妙高連山が見渡せる。手ごろな石に腰掛けしばしの休憩をする。
帰路は和山登山道を行く。白ーへのコルは1880m程度まで高度を下げ難所といわれるカミソリの刃を過ぎる。道はしっかりとしておりそれ程でもない。白ーからは痩せ尾根の岩稜を一気に下る。どちらかというとカミソリの刃よりはこちらの方が危険の様である。万仏岩までくれば緩やかになり、樹林帯の中を下がって行く。道がいっそう緩やかになり、山葡萄のつるが目立つようになれば和山の下山口はもうすぐだ。屋敷口まではマンテンバイクでほんのわずか。
コースタイム(4時間45分)
屋敷口==1時間==屋敷山==1時間30分==鳥甲山==2時間==和山口==15分(マウンテンバイク)==屋敷口

参考情報
・ 昭文社 山と高原の地図…志賀高原・草津
・ 25000図・・・鳥甲山、切明
・ 登山口には屋敷、和山、切明の温泉有り
・ 魚野川は岩魚の川として有名