ホーム]に戻る

沖縄本島の山々 


■記録日:2015年11月13日、14日 ■場所:沖縄 ■装備:適当
■メンバー:単独  

11月13日、14日 沖縄本島の山旅
仕事で沖縄です。もったいないので沖縄本島の山を登ってみました。しかし、まったく登山地図と言うものが無いです。しょうがないので名護市の本屋で“沖縄県の山”と言う本を購入しました。分県別ガイドブックです。
さぁ準備はできましたので最初の山はもちろん本島最高峰の与那覇岳です。
●与那覇岳(ブッシュの山頂は503m、三角点のある山頂は498m)

とにかくジャングルですね。ヒカゲヘゴ(巨大シダ)と巨大サトイモみたい木々の森を抜け、倒木多いジャングルの道を進むと展望の無い山頂にとなります。途中、東京からのオジサン・オバサン軍団にあっただけ。
あとは巨大なミミズorヒル、いやいや正体不明なエイリアンかな?、と黒々したでっかく太ったムカデにあった程度。ヤンバルクイナは見かけなかった。そうそう、ここはヤンバルの山なのです。登山としては実に平凡な感じですが、なんせジャングルです。
●ネクマチヂ岳(361m)と坊主森(290m程度)
展望のある山がないか?と物色すると与那覇岳の近くにその山はあった。なんせここは海が見えるらしい、しかし天気は曇り。コバルトブルーの海は期待できそうにないがまぁ行ってみました。
ネクマチヂ岳もヒカゲヘゴ(巨大シダ)と巨大サトイモみたい木々の森から登り始める。ここはどうやら登山道が与那覇岳よりはマシでシッカリしている。山頂へはいったん下って登り返して到着。おそらく与那覇岳が見えているがどれも同じように見えて特定できない。一番高そうなのがそうだったのでしょう。海、奥間ビーチが見えていた。あまり感動せず。坊主森は登山口にもどって反対側です。ここはアサギリマダラが乱舞している道を抜けしばらく行けば分岐となり坊主森にすぐ着きます。坊主森は森から突如石灰岩の露出した突端と言う感じです。海が良く見渡せ、ここからも奥間ビーチが見えます。
●八重岳(454m)
本島第二の高峰です。ここは駐車場から歩いて30秒で山頂に着きます。実際私の場合、日の出前の闇の中、ガスで遭難しそうになりながら2分程度歩き回りましたけど。ここは山頂に自衛隊や米軍のアンテナ設備がいっぱいあって物騒な感じです。麓は日本で最初に咲く桜(八重桜)の名所です。
●デーサンダームイ(230m)
海洋博をした本部半島にあります。この付近は円錐カルスト地形と言うなにやら珍しく、カルストと言ってもこっちのは秋芳洞みたいに穴が開いていると言うよりは円錐の山々になってしまったらしい地形です。まぁそんなこともありますが、ここは展望が最高の山です。海が綺麗です。その向こうの島々が見渡せます。山頂に着くには少し困難で、踏み跡程度のいい加減な道しかありませんし、登山口からの入口は草薮で覆われていて全く不明でした。隣に遊歩道があるもんですから、そっちかと思ってしまいます。さらに途中も迷うところ多し。山頂はお隣の本部富士も同じですが、石灰岩の山頂なのですが、鋭利に浸食された岩々となっており下手につかもうとしたら痛いです。登山靴も痛みます。さすが円錐カルストの山です>

●本部富士(240m)
デーサンダームイを下山して遊歩道で本部富士の登山口に向かいます。遊歩道上にはヤモリがうじゃうじゃ居ます。登山口から石灰岩がチラホラする道を上がると山頂です。こちらも鋭利な石灰岩の連なる山頂で、展望は良いです。伊江島の城山が一際目立ちます。
●嘉津宇岳(452m)
以前は本島の最高峰と思われていた山です。与那覇岳も八重岳も平坦な感じの山なのですが、こちらは三角形です。そんな事で三高峰だったのらしいのですが、今は本島第三の高峰です。麓はシークワーサーの産地です。その畑を車で通り過ぎて登山口向かいます、が、なんと雨です。まぁ仕方ないので折り畳み傘をさして山頂に向かえば、またしても“なんと”山頂に着くと雨が止んでくれました。しかし期待していた展望は無し、付近の山が少し見えるだけ。早々に引き返して登山終了です。
●熱田岳(160m)
万座ビーチの近くの県民の森の中にあるピークです。この熱田岳からはエメラルドブルーの海の展望を期待してましたが、やはり曇りではそんな風には見えません。が、万座ビーチは見えてました。早々に終了。
●石川岳(204m)
石川市民の憩いの山らしい。ここは今までの中で一番整備されています。さすが嘉手納基地や他の米軍基地も近いので、米軍関係者の家族で登山をしている方たちもチラホラ。しかしやはり曇りで展望は普通でした。
その他
一連の登山終了後、沖縄市(旧コザ市)にある銭湯に行きました。スーパ温泉みたいな所は沖縄もいろいろあるのらしいのですが、なにやら日本風銭湯はここだけらしい。270円、沖縄らしい顔立ちのオバさんが番台でなく外の椅子に座っておりました。次は沖縄の朱印、上さんに頼まれていたのでお寺巡りです。沖縄にもお寺や神社はあり、今回は千葉の成田山と奈良の長谷寺の沖縄出先のお寺です。レア物となりました。さらにその後は、ヤギ肉の刺身をスーパーマッーケットで買い食してみました。まぁまぁです。
最後は、沖縄南部観光です。ひめゆりの塔は悲しいですね。喜武岬からの景色は抜群、崩れかけているグスクは歴史を感じます。

今回は泡盛もタント飲んできました。漢名恵子さんの手作り焼酎です。石垣島の泡盛メーカの女将さんで、引退したので手作り焼酎を作っていると言う方。ついでにエイサーも踊ってきました。いろいろありましたが沖縄も以前とズイブン変わってますね。私は1980年に一ヶ月間、琉球大の友達(高校の同窓)の下宿に居候して沖縄を廻ったのですが、道も街も、特に北部方面は人が住む感じがしない所でしたがリゾートでした。さすが国が重点的に投資しただけある。