最近は天気が安定しない、そう言えば今年の夏はずーっと安定しない天気なのである。アルプスの縦走も沢もこの安定しない天気ではあまり気乗りがしない。まだまだ行きたい・行かなくてはならない課題が残っているのだが・・・。まぁしょうがないのでこの天候でも楽しめる野湯探査を今日もやってみることにしましょう。目指すは西の方角にある、気にしている温泉マーク。ちゃんと地図にもマークが着いているので確実に何かあるだろうが、実はその実態の情報が無い、とりあえず出かけてみる。
■某野湯その8の部

キリギリスがいた、そばにはアリもいた。・・・ここは某そこそこ名が知れた所、ここの駐車場からはMTBて林道へえっちらこっちら、直に林道は終わり、その昔の古道に踏み込む。全く整備されておらず、道が崩れていたり藪と草で先がわからず、と言う状態の道を進む。
某野湯その8に入浴
湯と言うよりは水、ここは冷鉱泉なのかも・・・。
源泉は大と小で2ヶ所、小はかろうじて硫黄臭い水がチョロチョロ程度。大はこの浴槽(?、湯貯蔵タンク)に導かれていました。


所々古道っぽくなっている所もありますが、基本は荒れ放題です。
■某野湯その9の部
某野湯は野湯っぽく川の中です。なんだか湯がドンドン流れていってしまいます。

野湯その8より車で移動、途中ビールを買って、某地に駐車。さてここからは沢靴。河原に下りると綺麗で気持ち良い。釣り人もチラホラ。さてここから川下りで某温泉現場発見。どうやら川に源泉垂れ流しの模様。危険な崖を下って再度河原へ。確かにドバドバと崖を熱いお湯が落ちてきて、何から付近の川は暖かい。早速素っ裸になり入浴です。でもここは川なので夏限定と言う感じでした。
その某温泉

理由は良く知りませんが、廃業したみたいです。露天がいっぱいありますがお湯が出ていたのはここだけでした。が、お湯はそのまま川の崖へ、だったので蓋をして待つこと20分、まぁまぁの深さの熱い湯になりました。ちょっと熱すぎで長くは入れず。いゃあ、なかなか素晴らしいです、営業していないのがもったいないです。・・・どうやら水害で崖が崩壊して危険と言うことで廃業かもしれません。確かに横は崩れています・・・。危ないです。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

某野湯その8と9 今回は情報無くとりあえず行ってみようモードです。


歩行:ほどほど  メンバー:単独
場所:長野県   記録日:2005年8月21日