ホーム]に戻る

根子岳2207m大明神沢はまだだな テレマークスキーツアー 


■記録日:2013年1月1日 ■2時間24分 ■場所:上信国境
■メンバー:単独 ■装備:板:K2 CLASSIC(170cm),靴:スカルパT4

根子岳はは記録があるだけで22回目の模様です。もっと回数はあると思うので都合30回ぐらいだと思う。さて、根子岳は奥の深い山で、狙っているものの達成できていないのは、根子岳〜米子滝のコース、北西斜面でダイレクトに仙仁へのコース、それと北面に幾つかあるシュート、山頂からの大明神沢本谷ルンゼ(少し下った地点より2回やりましたが、山頂ダイレクトは怖すぎる)ですね。北面とかもいろいろ探査していますが、なかなか味わいがあります。お気軽で素晴らしいと思うのは、北西台地コースと大明神沢源頭斜面か思います。
ところでこの根子岳と四阿山を含む山々は、古火山の四阿山のカルデラと言うことらしいです。確かに根子岳山頂から展望すればカルデラだと思えばカルデラです。そんな勉強もなんかの機会に知りましたが、いったい何の機会だったのか忘れました。だから根子岳は奥がさらに深いなぁ。
◆渋谷区民の家下9:43〜小根子岳付近で探索〜根子岳11:21/45(大明神沢本谷ルンゼをどうするか検討した上でパス)〜渋谷区民の家下12:07
小根子岳よりの根子岳と四阿山
根子岳の通常コースだけでは、格好よい根子岳はなかなか撮れない、と思う。やはりお気に入りの地点は小根子岳より北側によつた辺りです。またこの小根子岳の北面の斜面は思わず滑り込みたくなる斜面です。まぁ一度滑ってますが、ちと直ぐ藪になるのが問題ですが。・・・今日の根子岳は一応展望あり、でまぁ許す。

大明神沢本谷ルンゼを見下ろす
本日の根子岳の登山者はそこそこ多かったと思います。本日天気は北ア・日本海方面は曇天なのでこの時期で天気が良くて積雪が期待できそうなのはこの付近しかないでしょうから。しかし、根子岳もまだまだ雪不足でしょう。暖かい日で固まった雪面の上に新雪が積もっている状況です。まだ50cmは欲しいところだと思います。まぁうまくすれば滑ろうかと思っていた大明神沢本谷ルンゼは源頭斜面の笹の出具合からして、雪下には岩がまだあるだろう、とパスです。またここは雪も十分で安定している時にでも狙いたいです。
で、結局あちらこちらで見学したり写真を撮った後は、北西台地コースでもよかったのですが、笹地獄にはまるかも知れないと思い、登山道の切り開きコースをいっき滑りして終了でした。