先日の白馬乗鞍岳では、新調した板に乗って、なかなかの良い滑りができたのだが、ひとつ思うことがあった。・・・板とかビンディングとかに乗せられている感じなのである。重い雪のターンや早い小回り連続ターンでも後ろ足が伸びきらず気持ちの良いターンができたのであるが、何だか装備の進化に助けられている感じなのである。
◆峰の原スキー場駐車場11:45頃〜根子岳13:40/14:00頃〜峰の原スキー場駐車場15:20(時間記録取らなかったので大凡)
この日の根子岳の景色 雪が少ない

本日は細板と革靴のスタイルで滑りがちゃんとできるか、練習として出かけた。場所は峰の原。駐車場に着くと濃いガスの中。まぁ今日は練習と割り切り菅平グリーンゴルフ場付近を歩き滑り、ラーメンの昼食を取る装備。リフトも乗らず下からシール登行なのである。雪原となったゴルフ場を最上部まで登るが、折角だから避難小屋で飯でも喰うか、と思いさらに登る。と、なんと青空が少し垣間見えた。これはひょっとしたら上は晴れ?、と思いさらに登ると雲の上に出て青空た。
で、あるならば当然山頂でしょう、と言うことになり、山頂にエッサエッサと登りつめました。
山頂には、菅平牧場から登った単独のスノシューの方が独り。時間的に少し遅めなので昼食は諦めてそのまま滑ることにします。
その根子岳山頂(後ろは四阿山)

さて、滑りです。久しぶりの革靴はプラブーツと比較して靴の中の足がほんとうに自由に動いてくれます。昔はこれでよく滑っていたもんだな、と感心しながらイザ開始です。・・・で、最初のターン次のターンと何とかこなします、が次は固めバーンでターン。で、撃沈です。エッジが立ち切れず転倒。その後も固めでは転倒しつつ下ります。雪が軽く乗っている部分はターンは何とかできますが固め斜面とモナカと急斜面はうまく滑れず。
結果としてやはりテレ滑りが以前よりヘタクソになったみたいです。道具に頼った滑りになれているせいか細板と革靴は、こんなにも難しかったんだと再認識です。しかし以前はこの装備でいろんな所に行っていたのである。⇒細板+革靴の練習もすることにします。ちなにみにスキー場では結構快適に滑れました。
そのスキー場で SMてぃさん と今シーズン最初の遭遇。世間は狭い。

ホーム]に戻る
根子岳2204m テレマークスキーツアー 


■記録日:2007年1月3日  ■歩行:3時間ほど   ■メンバー:単独
■場所:上信国境  ■装備:板/BD Valmonte X(200cm) ,靴/ARKOS(革)