前回は2005/3である。9ヶ月ぶりに根子岳の滑りを楽しませて頂く。ここは半日ツアができるので私のお気軽ツアコースの横綱である。さてさてそんな根子岳なのであるが、いけない事はヘリスキーツア客が多すぎることである。今日も10回はヘリに先をこされた。まぁそんなに気にしないで行きたいものなのであるが、年なので文句が多いのである。そんな記録です。
 ノンビリと遅起きし、外をみるとなんと北ア方面は案の定曇りだが、なんと上信国境方面は晴れ上がっている。根子岳が綺麗に見えているのを目撃してしまった。もう仕方ないなぁ、と言う感じでツアの用意をして自宅発9時30分、一路峰の原スキー場へ向かいました。
◇峰の原スキー場リフト最上部10:35〜根子岳12:30/40〜2020m昼食12:45/13:00〜峰の原スキー場リフト最上部13:25
山頂直下はモンスターの森となっていました

リフト300円で最上部へ。ここからはシールです。先行者がいる様です。がアチコチとトレースが関係無い方面に行っています。靴程度のラッセルのパウダー。帰りの滑りは面白そうです。
何組かを追い抜いて山頂直下へ。樹氷の森が広がっていて実に美しいです。今年は季節風の暴風雪の様で、モンスターが綺麗に出来上がっている様です。さてさてあと少しで山頂です。
根子岳山頂はお供え物もありました。

晴れています。風が冷たいです。山頂には先行のテレ板を下においているテレ組2名。四阿山方面も充分な雪、・・・大明神沢も素晴らしいパウダーとなっているんじゃないかなぁ、そそられますが今日はパスです。次回次回。早めに家に戻って、農機具の整備とか暮れの買出しなんかがあるし明日からまた山なのでその用意も。さて滑降、もちろん北西斜面に向かいます。
北西斜面2020m地点でランチ。

ヘリポートからコースを外れて北寄りに滑ります。2170mの岩峰の右手を越して北西斜面に入ります。この岩峰からの四阿山の景色はなかなか良いです。
笹の落とし穴も今年はありません。パウダーを蹴散らして樹氷の森の中をルンルンで滑って、ここらで休憩。ランチタイムです。ここは風も無く良い所でした。ランチをさっと頂いてまた滑降。気持ち良い緩斜面が続きます、1700m位で一気に斜面は落ちて行きますがここは下りてはいけません。南に進路をとって沢を横断してゴルフ場に入る斜面を行きます。途中、カモシカ君が飛び出して、驚いて逃げ下って行きますが私のスキーの方が速く、追い越してしまいました。さぞ肝を冷やしたカモシカ君でしょう。後は少しでゲレンデへ。あぁ楽しかった。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

根子岳 北西斜面 2207mテレマークスキーツアー


歩行:2時間50分   メンバー:単独
場所:上信国境   記録日:2005年12月30日