昨日から長野は大雪。今日は良い天気になりそう。でも今日の晩には大阪に入らないといけない。朝寝坊の上、雪かきとあってなかなか出発できない。峰の原スキー場の最上部には、11時10分でした。今日は1時まで登って下ることにする
天気がいまいちである。この間の唐松岳もそうだったが、なかなか快晴に恵まれない。今日はいつものコース出発点となる峰の原スキー場からであるが、スキー場の最上部までのリフトはまだ動いていなかった。しかたなく手前からスタートしてこれまたいつもの菅平グリーンゴルフ場を突っ切って根子岳登山のルートに出た。
根子岳はお気軽な山でもクロカンやテレマーカーが結構訪れる山である。この日も私より先に3人ほど先行している。いずれもテレマークの様である。積雪はまだツアには充分と言えないぐらいでもうひと降りほしいところである。
1800m付近でとうとう、先行者を追い抜き、20cm程度もぐるラッセルとなった。またこの辺りより、笹に積もった雪を踏み抜く事が多くなってきた。スキー歩行しているとパシッという音が走り、ズポッと落ちることが何度も。
2000m付近まで上がると半モンスターみたいな木々が増えてきた。
結構昨夜は吹雪かれた様である。
2000m付近で天候も悪いし、風も強いので、引き返すことにした。
下りは、笹薮の落とし穴に注意しながら
滑降する。良いコース取りをしないと何度か雪の付いた笹藪に落とされることになる。それでも事実の2回ほど落ちました。
一方、滑り終えて着いた菅平スキー場上部の平らな場所は今には晴れんばかりの天気であった。

その後、翌朝の仕事のた大阪に移動した

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

根子岳2003 2000m付近まで テレマークスキーツアー


歩行:3時間     メンバー:単独
場所:上信国境  記 録 日:2003年12月21日