ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

三田原山〜大正池〜赤倉山2347m 2004年1月18日テレマークスキーツアー
2003年の三田原山赤倉山はこちら


歩行:3時間22分      メンバー:単独
場所:信越国境       記録 日:2004年1月18日

三田原と妙高本山との間に滑り込んで後に、赤倉山へ登り返して(そんなに登り返さない)山頂を踏み、そして南面のブナ林の中を滑って杉の沢スキー場に戻る意外と楽なコース。核心部は三田原稜線からの大正池の真っ白な雪原目指しての最初の急斜面と、赤倉山とのコルへ入り込む急斜面のトラバースの様です。赤倉山とのコルへの滑り込みのトラバースは、下が超急というか崖で冷汗もの。、、、しかし何と言ってもこのコースは大正池の雪原への滑りは最高です
杉の沢スキー場リフト終点(1850m)10:00〜三田原手前2347ピーク11:20/30〜大正池2100mの雪原11:35〜2347mピーク下12:15/25〜赤倉山とのコル12:32/40〜赤倉山13:00/10〜杉の沢スキー場終点13:22
三田原稜線からの妙高本山

朝起きたら7時過ぎだった。前夜、天気はあんまり良くないと思いゆっくり眠っていたのであるが、北アや妙高のライブカメラをWebで見るとピーカンである。こうしては居られない、と言うことで急いで準備をして前から行きたいと思っていた、このコース三田原から妙高本山への斜面を滑ってついでに昨年山頂手前で断念した赤倉山に行くとする。
9時過ぎ杉の原スキー場に到着。最上部まで1500円。ゴンドラはかなり並んでいた。10時やっとシール登行開始。トレースがついていて楽である。雪は例年より少なめの感じ。トレースを追って11時過ぎに三田原の稜線についた。風も無く天気はよく最高。(グラサンを忘れたので眩しい。)
2347mピークからの滑り

さて、約250m下には大正池の真っ白な雪原が魅力的に広がっている。斜面は結構急で、大正池雪原まで落ち込んでいる部分もあって斜面全体は見渡せない。が、まぁ楽勝でしょう、と言うことでシールをとって2347mピークの雪庇の無い部分より滑り込んでみた。最初はめっぽう急なパウダー斜面である。快適にテレマークターンをして標高を下げると、直にほどほどの斜面になる。雪質はまぁまぁだが、少し固めになってきている。ターンが気になる程度では無い。楽しさ満点で大正池雪原に滑り込んだ。
大正池の雪原からの三田原山と素晴らしい斜面

既に先客2名がいらした。ここは真っ白で大変気持ち良い場所である。北に妙高、西に三田原山に囲まれた、なんだか山の中の山奥という感じの場所である。東には南地獄谷の噴気がもうもうと立ち込めていた。
今日はこの大正池雪原に滑り込む人たちが結構いるようで、三田原山頂から滑っていたり、とあちこちから滑り降りている。皆うれしさ一杯のホクホク顔であることであろう。
登り返しからの大正池の雪原(二人いる、点です。)

さて、登り返しはシール?と思ったが昨日のものと思えるスノーシュートレースをツボ足で登ってみると埋まらない。そのまま250m登り返して2347mピーク下の稜線まで頑張った。ちょうどここで3人連れと会い、お神酒のワインを頂いた。感謝です。お礼を言った後は、次の目的地の赤倉山を目指して標高をあまり下げず赤倉山とのコルへと向かった。途中登ってくる人たちに大勢会った。今日の三田原はにぎやかである。
赤倉山とのコルへのトラバース

さて、赤倉山とのコルには登り返しが必要か、と思っていたが、なんとかそのまま行けそうである。でももう10年以上前最初に三田原に来た時、ルートを間違えて赤倉山とのコルから三田原稜線への雪壁まがいの登行をした記憶があり、スキーではうまく入りめないのでは、と思うのだが、、、が何とかなりそうである。コルが見えている部分まで来たが最後のトラバース斜面が急すぎて手前の斜面に隠れて見えない。進むと表面の5cm程度が綺麗に割れて崩れていく。何だか厭な感じである。少しづつ近づくと、まぁ何とかなりそうである。こんな所にずっといるのはやばそうなので、一番急な部分を一気に通り抜ける。振り返るとやっぱり急じゃないの。
コル上部からの赤倉山

なかなかの良い斜面をもった山である。と思い登ると、そこは2170mの一つ手前のピークであった。赤倉山は2141mでまだ先の山で三角点がある山である。2170mピークから少し下って。一応シールを付けて登り返すと2150m直ぐ狭い山頂である。ここが赤倉山かと思ったが、よく地図を見ると赤倉山三角点はもう一つ先のピークの様である。えぇい、もうここを赤倉山としよう、ということでこの2150mピークのほんとうに狭い山頂
を赤倉山と言うことにした。まじでほんとうに狭い。
その赤倉山からの来たルートを振り返る

左手から右にトラバースして来た。(少し滑降痕が見えている。)確かに影となっている部分は急そうなのである。右手側の南地獄谷は一気に落ち込んでいて私にはとても滑れそうには無い。谷からはもうもうと湯気が湧きあがっていた。
赤倉山からの妙高本山と三田原山

ここから見る妙高本山は尖がっている。よく見るとこの尖がりから右手に何本かの滑降痕があって、なかなかの急斜面をうまく滑っている。昨日のものの様である。大谷ヒュッテから来たパーティらしい。三田原方面には雲が出始めている。今日の良い天気もソロソロ終わりの様である。しかし、まだ何人かが大正池の雪原に滑り込んでいるのが見えた。ここは見渡しの利く展望台である。
赤倉山を滑降して昼食休憩

折角だから昼飯ということで赤倉山のブナ林滑降を終えてリフト手前の雪原で大休止した。今日はほんとうに風も無く、天気も良い日和でスキーツアには最高であった。
妙高はいろいろなルートを滑ったがまだまだ滑ることろはある。今度はどこへ行こうかと迷ってしまう。妙高本山からの滑降もなかなかよろしそうである。三田原から大正池雪原、そして登り返しで妙高本山へ、さらに池の平スキー場へ戻るコースなら日帰り可能そうである。要検討。