ホーム]に戻る

草津白根山と万座の本白根山2171m テレマークスキーツアー


■記録日:2009年2月28日 ■歩行:少し ■メンバー:太田、堂園、塚田
■場所:上信国境 ■装備:板/ATOMIC TM22(170cm) ,靴/SCARPA T4 

草津白根山の山頂からの西方面の展望
さて、今回は堂園さんをお連れしての山行です。この時期ですから当然スキーを付けて登頂するスタイルで行ってもらうことにしました。が、スキーはうん回目らしい。しかし、本日は実に天気が良い。お肌に悪い紫外線だらの様相なのでシッカリお化粧してでかけます。深夜に開催した宴会の酒も抜けています。さて、。
◆草津ゴンドラ終点〜林道〜草津白根山〜林道〜本白根山〜草津スキー場
湯釜を眺めながら緩斜面を登る

堂園さんには太田さんのフリートレックで登ってもらいます。さすがに体力はあり、歩くスピードは我々以上、少なくとも太田さん以上です。但し、まだスキー歩行には慣れていないので、慣れれば俄然速いかと。。。
湯釜が見えます。実にこの乳白色系エメラルドグリーンは不思議ですが綺麗ですね。昨年はこの湯釜に落ちそうになって間一髪だった。湯釜に向けた斜面をシールのまま一本滑ってみました。なかなかグー。そんなことで遊んでいると直ぐ草津白根の山頂到着。ここからの大展望は上の写真です。
パウダーとはいかないが、チョイ滑りを楽しむ

さて展望を堪能したら次の目的地の本白根山目指して移動です。標高差100mちょいぐらいの滑降ですが、雪質がいま2ぐらいで、快適な滑降とはいえませんでした。ひっかかり気味にターンします。堂園さんはさすがら苦しんでいますが、何とかど根性で滑り降りてきます。サスガです。
そんなかんなで林道で戻りゲレンデ手前から本白根に向けて登ります。
本白根山を後に帰路へ

本白根山方面はガスがかかり始めてます。手前ピークが山頂と思っていましたら、まだ先にあるんですね。ここから左手側が旧火口の壁ととなった縁を登って山頂です。木々が生えているだけの目立たない山頂ですね。まぁそれでもこの辺の中ではもっとも標高の高い2171mです。実は私もここは初めてです。一応100名山なのですが、どこを登って100名山と言えばよいかわからんの草津万座の白根山かな。
さて、さて、下山。下山はスキー場まで直ぐ。そこからはゲレンデです。