ホーム]に戻る

黒姫山 七ッ池シュート 2053m  テレマークスキーツアー  


■記録日:2012年1月28日 ■場所:北信 ■メンバー:石橋、清原、佐藤、太田、塚田 
■行動時間:記録しなかったが7時間30分程度? ■装備:私⇒板/K2 CLASSIC、靴/スカルパT4  

北大OBの面々と黒姫山の七ッ池シュート目指します。前回は2010年3月27日の天気の良い子に単独で来てますが、今日は小雪が舞う天気たです。個人的にこのシュート大変気持ちよかったと記憶していまして今回皆さんをお連れしました。が、少し短いのですよね、このシュートは。でも晴れればとても良い景色なんです。さて、戸隠大橋から入山です。前日のトレースがあるものの昨夜の降雪でチビラッセルで出発です。
■コースタイム
戸隠大橋7:30位〜林道〜外輪山への夏道沿い〜外輪山〜黒姫山〜七ッ池シュート〜七ッ池〜外輪山〜林道〜戸隠大橋
外輪山に到着

先ずは林道を行き分岐は右手の黒姫山登山道方面へ、そして適当に斜面取り付き高みを目指して登ります。ほぼこれが夏道、大ダルミとの分岐を見てそのまま直進します。直に左手側が尾根、そしてその右が平坦斜面となってきますが、ある程度で尾根に上がります。ここから少し先が外輪山になるのですが、実は結構ラッセルがきつくて交替で進むものの時間がかかりました。
黒姫山頂はここから結構遠く、途中一段下った先のピークが山頂です。
本日のメインデッシュ 黒姫山七ッ池シュート
黒姫山頂から七ッ池シュートは見えてませんので探さなくてはなりません。少し山頂の南側に寄った所にあるかな、なんて思っていましたが山頂のそのまま下かもしれません。
さて、こんな風景でして、晴れていれば高妻・乙妻山、そして火打山が綺麗に見えるのです。では順々に滑ってもらいまして私が写真撮影係りです。皆も一気に下まで滑ってしまいます。確かに雪質も軽くパウダーで気持ちよすぎて途中で止まるのも勿体ない感じなんです。・・・まさしくここは実に素晴らしいと思います。
シュートを見上げると我々のシュプールでギタギタに

ほぼ均一な斜度で七ッ池まで繋がります。ほんとうにアッサリ過ぎるほど超快適な滑りでした。さて、ここから御巣高山に登って南面を滑るのが当初の計画でしたが、ちとラッセルで時間を使ってしまったのりでパスすることにしました。残念、まぅ次回と言うことで。
七ッ池を外輪山へ、シュートが見える

七ッ池からの外輪山へ登り返しますが、七ッ池先の湿原・雪原へ先ずは行き、その辺より外輪山へ適当に取り付きます。結構木々がうるさいので良い所を選んで登り返しますがなるべく西寄りに行った方が、帰りが楽です。
外輪山からの林道へ向けて滑る

外輪山直下の尾根は疎林で快適なランが楽しめます。小雪が舞って来てますから早々に降りましょう。軽い雪で楽しいです。
尾根から左手側の斜面に入り滑ります、が、あまの下まで行くと林道に出れませんので地図を良く見て右手に戻ります。そうすれば登りのトレースです。あとはこれ伝いに林道へ、さてここからは戸隠大橋までひと滑りです。