今回は山森さんの山仲間と合同ツアです。乙妻の北東大斜面が目的地ですが、前日からの天候は怪しい感じであったので黒姫山に変更となりました。朝。無事に山森さん山仲間とも黒姫スキー場で合流でき出発です。
◆黒姫スキー場リフト2本目上9:35〜休止中最上部リフト上10:37〜2013m?黒姫山頂手前ピーク12:32/13:10〜東尾根滑降〜1075m付近13:46/14:06〜黒姫スキー場駐車場14:20
休止中の最上部リフト(第六リフト)の斜面を登る

今回は6人の大所帯です。ですからラッセルなんかあっても楽勝と言うことになります。で、リフトは3本乗り継いで最上部なんですが、どう言う訳か知りませんが最上部は営業していない。シッカリと白い大斜面が一枚残っていましたが元気よくラッセルして進みました。このスキー場斜面を登りきって一本していると元気はお2人さんが追い抜き。以降山頂稜線まで、かなり先頭ラッセルして頂きました。どうも有難うございました、感謝です。
本日の最高到達点で記念写真

天気なんですが、今日は冬型のためあまり良い天気ではないはずだったんですが、実は良い天気。但し当初予定した乙妻方面はガスっぽい感じです。どういうわけかココ黒姫はまあまぁの晴れです。
で、稜線に着きました。
記念写真を撮ります。風が吹き付けたり凪いだりする空模様となっています。さて、ランチして栄養補給したら滑りですね。
では稜線からエントリします

東尾根はその手前のピーク付近から滑り込むらしく、山頂へは行ったこともあるし、若干ですがコルに下がり登り返しも面倒くさいこともあるので山頂まで行きませんでした。で、そのエントリ斜面ですが、なかなかの斜面、その向こうは野尻湖と斑尾山です。良いアングルです。見るからにしてふんわりと積もっている感じで、今年一番のパウ状態でしょうね。
激パウ、粉雪が舞い散らせて滑降です

稜線からの東尾根はソコソコ急な斜面なんですが、胸パウダーにつき直線的に滑らないと止まります。実に快適・雄たけび全開モード滑降となり、40代のオジさん軍団も大喜び状態です。皆で写真撮りあいつつ滑り込んでいきました。さて、この東尾根は下部でスキー場にダイレクトに入る尾根と南よりに降りる尾根に分岐しますが、我々は南よりに入ってしまった様だった。
下部斜面もパウダーです

東尾根は上部は針葉樹主体の疎林、下部は広葉樹(何て言うんですかね?)の疎林になります。今回は下部もパウダーランできました。下部は斜度が緩くなりますが、深パウダーで無くなったので板も走ります。
そんなかんなで切り開きの白い斜面が有り、そこを滑ると平となり、どうやら林道でもある感じでした。この先はひたすら左に左に標高をなるべく下げず進むとスキー場にでたんです。・・・実は先行者のトレースあったので楽でした。

ホーム]に戻る
黒姫山 東尾根 2013m位 テレマークスキーツアー 


■記録日:2008年2月16日 ■歩行:4時間45分 ■メンバー:石橋、清原、高橋、山森、太田、塚田
■場所:北信ア ■装備:板/VectorGride BOLD(170cm) ,靴/SCARPA T2