午後から所用のために今日は会社を休暇。午前中の短時間で楽しめる、しかも次週のスキー特訓ツアの下見もできる、と言う点で高峰高原から浅間外輪山に登ってみることにした。登山口の車坂峠に着くと、天気は晴れでも無いが薄曇で風が強い。遠くの山々も見渡せる空模様である。ここまでの道路脇には雪が少し積もっていた。昨晩の雪らしい。
さて、黒斑山は二度目である。前回は浅間天狗温泉から湯の平、Jバンドを経て黒斑山に達した。この時も今日みたいな天気だった。あの時は車坂峠から下の菱野温泉まで車道をショートカットしながら下った。菱野温泉の湯船が強烈に冷たかった事を覚えている。
車坂峠9:56〜トーミの頭10:56〜黒斑山11:07/30〜蛇骨山11:32〜車坂峠12:29
黒斑山への途中から見えた鹿島槍と五竜
昨夜の寒さで北アは雪化粧が一段と進んだ感じ。よしよし。しかしまだスキー場へ積雪が貯まりまくるほどてでは無い模様である。早く降らないかな。
トーミの頭付近からの浅間山

トーミの頭まではちょうど1時間。ここで初めて浅間山が姿を現す。もう少し白い溝があるかと期待していたが、かすか程度にある感じ。現在の浅間山の火山活動はレベル3で、車坂峠から黒斑山もほんとうは登山してはダメらしい。(と看板があった。)
ここまでの登山道は霜柱が発達した道で、バシバシと踏み倒しての登山だった。
山なみのはるか向こうに富士山

なんと富士山が見えていた。車坂峠の駐車場からも良く見える。ちょうど瑞垣山と金峰山の間からだろう。天気がいまいちなのであるが見晴らしだけは良い。
さあ、トーミの頭から蛇骨山までの外輪山を行き、そこから車坂峠に帰る道を選ぶ。先ずは外輪山最高峰の黒斑山。外輪山登山道は冷たい西風に吹かれる、寒い。黒斑山山頂の寒暖計は-1℃だった。もっと寒そうなのであるがこんなもんか。
白くなった登山道と浅間山

蛇骨山までは緩やかな下り。途中から黒斑山を振り返るとスクっと聳えている山の印象。蛇骨山山頂は風の通り道で長居は無用状態となっており、早々に下山開始。この裏登山道は、整備があまり良くなく、シャクナゲの枝がうるさいし、所々にある木道or木橋は全部壊れていた。そんなこんなにせっせと下山し、車坂峠の車の中で今日はじめての水分補給、パンをかじって家路に着いた。早く帰らんといけん。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

黒斑山2405m


歩行:2時間33分    メンバー:単独
場所:上信国境    記録日:2004年12月7日