ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

小遠見山、天狗岳(五竜スキー場〜鹿島槍スキー場)

2002年2月16日 北アの展望が素晴らしい五竜スキー場と鹿島槍スキー場を結ぶルートを行く。
遠見尾根と鹿島と五竜、カクネ里が真っ白だ。 昨日から天気予報では、今日の快晴を予報していた。前夜は、JR大井町駅付近の居酒屋で、新幹線の終電まで飲んでいた。今日の為に早めに帰ろうと思っていたものの飲みだすと止まらない、致し方無い。
 睡眠不足で起きた翌朝は、薄曇りだが、快晴を信じて五竜スキー場に向う。今回のコースは北アの展望がどう地図を見ても間違いなしの優れもののコースである。アップダウンが多いのでダブルキャンバーのウロコ付き板で行く。
 五竜スキー場のテレキャビンは8時15分始発だが、整備に手間取り出発したのは8時45分。地蔵の頭手前のリフト終点では目指す小遠見山と天狗岳はガスの中で見えないが、白馬三山は青空の下、綺麗に見えていた。ちょうど谷を駆け上がる風で、この付近はガスの中の様であるが、上は晴れていると確信できた。
 シールをつけて登高開始。地蔵の頭を巻いて、斜面を一登りで、小遠見山への尾根に取り付く。先行者が一名いる。まだ小遠見山はガスの中だあるが、視界が徐々に良くなってきている。先行者のトレースを追って行き、急斜面の所で追い抜く。その先は平坦な部分を行き、小さな雪庇の乗り越すと、小遠見山、北アへの展望が一気に広がる。先程のガスはもう無くなって完全な快晴である。この尾根を登るに従い、五竜や鹿島の展望が良くなる。小遠見山は、雪庇が東側に大きく張り出した尾根の先に見えている。小遠見へ向う人たち(小遠見山頂より)天狗岳と天狗の鼻(奥)
 小遠見山は360°大展望である。北アは穂高から白馬まで、鹿島北壁のヒマラヤヒダも素晴らしい。さらに雨飾、妙高、高妻、志賀からの上信国境の山々、八、南ア、遠く富士山も見える。素晴らしいに尽きる。もちろん天狗岳やこれから進むルートも良く見える。休憩していると後続の3人ずれがやってきた。聞くと、天狗岳より東に伸びる尾根を滑ると言う。なかなか凄い人たちだ。
 シールを外して天狗岳へ向う。風に吹かれて雪面は、少々固く、ダブルキャンバーの細目の板では、厳しい。何とかターンをして無事、天狗岳とのコルへ。大した登りで無いので、そのままウロコの威力を発揮して登る。天狗岳山頂は踏まずに巻いて、天狗の鼻に向けてスキー歩行していく。標高を下げない。
 天狗の鼻は、手前のピークの向こうである。1927mの丸い山頂は標識もある。ここまで来ると、鹿島の形が一段と良くなる。ここも良い展望であり、安曇野平が見渡せ、しばし休憩する。
 ここから先は、このコース一番の滑りが続く部分である。地図と睨めっこして、1600mの最低コルを目指す。しかし、この天狗の鼻からの下りは地図を見てもかなり急傾斜である。滑りですものの停止。コースを山頂より左に続く、左右とも急斜面にはさまれた稜線を行く。とても滑る様なところは無いので、板をはいたまま20m〜30m程度下降し、斜度が幾分緩んだ辺りで、右手側のそれでも急な斜面に踊り込んだ。この斜面はそのままずっと下まで滑りたくなるような斜面だが、稜線の高度を維持しながら滑っていく。小遠見山(手前)と白馬三山天狗の鼻手前よりの五竜岳一番の気持ち良い部分であった。
 1775m峰,1682m峰と僅かな登りもあるが、概ね、滑降できる。雪の調子は最高とはゆかないが、樹林を縫いながらの滑降である。天狗の鼻までは、樹林も無い白い斜面が多かったが、ここまで来るとブナ林が目立ち始める。
 滑り込んだ1600mの最低コルはブナ林に囲まれた大きな平坦地である。ちょうどランチタイムでもあるので、板を外して、椅子を作って暖かい日差しの中でお食事を頂いた。パンとおにぎり、それにお茶。安上がりだが最高にうまいランチである。。天気も空気、景色も文句の言うようが無い最高のシュチュエーションである。美味いはずである。
 しかし、小遠見山を過ぎてからは一人も会わない静かな山行である。この景色とこの天気を今日は独り占め状態である。ブナ林の中は時間がゆっくり動いているようである。なんとも満足しながらのんびりと時間を過ごす。
 1633m峰、1665m峰をゆっくりと越して行く。もう五竜岳は見えず、お供は鹿島槍ヶ岳と爺ヶ岳である。この辺りがこのコースで一番平坦な部分である。天気が悪いと絶対解らないくらい地形の特徴が無い。
 1665m峰で進路を東にとって1570mの平坦な台地に滑り込む。僅かであるが、楽しい滑りができる。ここで再度南に進路変更し、進む。右手にある小ピークを越えるが、ピークの来ずとも、そのまま真っ直ぐ滑るのが正解であった。まぁ大して変わらないが。この辺りでブナ林からカラマツ林に変わって行く。ブナ林の方が、山らしい風情があって好きなのだが、人里に近づいたせいだろうかカラマツ林となっている。天狗の鼻から下りの鹿島槍天狗の鼻の下り、一番おいしい所。右側に滑降跡。
 1520mのコルからは、右前方に1599m峰、左寄りに越えて行くピークが見えている。小遠見山を過ぎてからの今日一番の急な登りである。仕方なく、シールを付ける。そろそろ体力も消耗加減で、70mに満たない登りだが、しんどい。
 ピークにたどり手前、ピーク付近を何とおじさんがカメラをもって歩いて行くのを見つけた。登ると、スノーシューのトレースがしっかりと付いていて、1599m峰から会話が聞こえてくる。おじさんがちょうど鹿島槍ヶ岳に歩いて行くちょっと良いアングルだったのでパチリ。しかし皆どこから出現したのか、不思議だったが、そろそろ鹿島槍スキー場が近いことは間違いない。ここからも小さなピークを越えるが、気になる様ではないので、シールを外す。その間に、5人ほどのスノーシュー隊が通り過ぎていった。私よりぐっと年配のおじさんおばさん集団である。
 シールをしまって、スノーシュー隊の脇を快適に滑っていった。歩くより、滑った方が良いでしょ!! 小ピークを越えると、なんとBGMが聞こえてくる。よく見ると鹿島槍スキー場が目の下にあるではないか。1546m峰からスキー場に滑り込んで行くことを想像していたが、この1546m峰、の直下にスキー場が広がっていたのである。私の地図が古いと言うことでした。あのスノーシュー隊もここからであるので、お気軽な山行であったと言うわけである。
最低コルから。雨飾、焼山、火打が見える。鹿島槍と1599峰に向う人 しかし、何とも合点が行かないので、滑り込んだスキー場で、「ここは何スキー場?」と聞いて見た。この先、一気に下まで滑りこんで終了。簗場駅まで歩いて行き、電車で神城駅へ、そしてまた歩いて五竜スキー場の車を回収し、家路に着いた。
 五竜スキー場と鹿島槍スキー場をつなぐこのコースは結構気に入りました。また3月か4月のザラメ雪の来たいと思っています。
◆コースタイム
五竜スキー場最上部9:00==小遠見山10:05/10:25==天狗の鼻10:55/11:10==最低コル11:50/12:15==1599峰13:35==鹿島槍スキー場最上部13:55==簗場駅14:30