ホーム]に戻る

北俣岳 2661m付近   テレマークスキーツアー


■記録日:2008年4月30日 ■歩行:10時間12分 ■メンバー:佐藤、太田、塚田
■場所:北ア ■装備:板/ATOMIC TM22(170cm) ,靴/SCARPA T4 

本日もどうやら快晴、昨日は西補沢下山後、栃尾の温泉で汗を流して宴会セットをJAスーパで買い込み、飛越トンネルを目指した、が、トンネル手前4km付近で雪が道路を覆ってここで他の車もデポ地点としていた。しかしこの先は道路に雪は無く、ここを除雪すれば先に進める、と言うことで3人でスコップ出して除雪開始。30分程度で終了し、さらに進んだ。結局2km程度さらに前進、夜は平坦地のある場所まで下り天幕宴会。翌朝、林道を上がっていくと車が数台雪を越えてさらに奥に入ろうとしていた。一台が突破したので我々も突破、さらに前進して結局トンネル手前の2km程度の地点でデポ。
で、午前4時半に例の7/11に集合し、新穂高温泉を目指した。
◆林道駐車地(飛越トンネル手前2km程度・1360m)5:30〜飛越トンネル5:57〜寺地山9:02/17〜避難小屋横の最低部9:56〜2320m付近10:45/25〜北俣岳12:14/13:14〜避難小屋横の最低部13:34〜寺地山13:57/14:15〜飛越トンネル15:23〜駐車地15:42
北ノ俣岳が見えたぞ

トンネルからの夏道付近は既に雪が消え消えになっているので右手の尾根から取り付く。帰路もここを滑ることになる。この尾根ももう少しで雪が切れる感じである。ひと登りで送電線のある平坦地に゜到着。みみから剣が見える。で、さらに登り、いくつかのむアツプダウンを繰り返して寺知山到着です。ここまで2時間30分程度です。寺地山からは北ノ俣岳が大きく見渡せます。今日も暑いぞ、というドピーカン天気。
北ノ俣山頂付近(薬師岳です。)

寺地山からシールのまま少し滑ってまたしても幾つかのピークを越してやっと北ノ俣岳につながる大斜面にでます。避難小屋も近くですが、特に寄る事もせずでかいダラダラした斜面に取り付きます。途中で一回休憩し12時過ぎ山頂に到達。山頂ではビールで乾杯です。今日はことのほか暑いのでこのビール雑種ですが、最高の美味さです。展望もよろしくて1時間も休憩してしまいました。
さて、大斜面のお気軽滑りです

滑降なんて言う感じではありません。とにかくやたらデカイ斜面を滑ります。視界が無い時は全く目標物が無いので大変でしょうが、今日は地図なんて不要の日。山頂から広々とした大斜面を延々と滑っていきました。あ〜疲れる。
向こうは寺地山

北ノ俣岳の広大斜面を滑り降りると寺地山へ登ったり滑ったり登ったりで行きます。シールは不要です。寺地山最後の登りはそれなれにあるのでツボ足で板むを引っ張っていきました。・・・この寺地山から北ノ俣岳とお別れし、樹林帯のダラダラ尾根に入ります。ここからも下り基調ですが、登りが時折ありますが、まぁ最後までシール無しでトンネル口へOKです。

後は雪が今日一日でかなり減った林道を行けば終わりです。