3月の根子岳・草津元山・湯の丸に4月も続き皆さんを山スキーの世界に連れ込む。今回は春のザラメは滑り易いと言うことで、どう? と計画を策定しました。23日が八方尾根で調子が良ければ唐松岳へ、24日は白馬乗鞍の南斜面を大展望を望みながら滑ると言う計画です。
さて、23日は結構冷えこみました。さらにその前日にどうやらまとまった降雪があったみたい。・・・どうなるやら、と言うことで八方尾根ゴンドラに乗り込みました。天気は八方山荘の西と東で曇りと晴れを分け合うよく解らない天気。こまったなぁと思案したすえに唐松をあきらめて大ヌケ沢源頭で遊ぼうのけ計画に変更して、では行きましょうか、と出発した。大ヌケ沢源頭はテレマークで唐松岳に行く時に気にはしていたが、ガラガラ沢とか無名沢とか唐松沢の方に足が向いてしまい、今回がはじめてのエントリだった。しろく広大な斜面で大変気持ちが良い。天気がいまいちだったので次回は大ランチ場所としても楽しみたいもんだ。
八方ゴンドラ〜八方山荘〜八方ケルン〜大ヌケ沢源頭滑降〜大ヌレ沢1750m地点〜八方ケルン〜八方ゴンドラ
強風に吹かれて石神井ケルン付近を登る

変な天気である。結構晴れているのだが、唐松から白馬岳にかけて稜線は曇りである。おまけに風が大変強い。気温も低めでとっても寒かった・もう冬物はしまいこまれてしまい、普通の春物(山用で無く、下界と同じ服)に赤いカッパではもたない寒さであった。動いていないので寒いので動く。
大ヌケ沢源頭に滑り込む両人

八方ケルン付近で登行は止め、下に広がっている大ヌケ沢に滑り込むことにする。シールをとっていた岡村さんのシール台紙が風でブッ飛び、私の帽子もぶっ飛んだ(幸い防止は拾うことができてセーフ)。
雪はとてもザラメになっておらず(当たり前だが)、超重めパウダーと言うか感じ・・・パウダーでも無いなあ。気合を入れて結構快適に滑れましたが、両名苦労しております。
大ヌケ沢の緩斜面を快適に飛ばす両名

それ斜面は緩んだ〜。それ行け!と言う感じで滑りこんで行きます。岩切さんはフリートレック、岡村さんはテレマークです。ターンだ、ターンだと横から気合を入れます。
快適に重雪を蹴散らす太田さん

結構重い雪です。緩斜面の方が滑りにくいぐらい重い。尾根からの入り込みは少し急なので重力で雪を蹴散らすことができる感じでした。・・・すると、上から自分が落とした雪がバウムクーヘンとなって襲いかかるので注意注意です。
大ヌケ沢源頭下部

目指す源頭の下部は平っぽいところ。上から約300m弱の滑りです。八方ケルンのある尾根も時々青空が出たりしています。この下部の平坦地でランチを取ったら帰路です。実は私は15時より地区の農事(種籾の消毒と宴会)があるので一人先に失礼させて頂き尾根を目指しました。
一応、農事を終了して再度18時30分に白馬で合流し、宴会してグッスリと寝ました。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

八方尾根 大ヌケ沢源頭 2020m テレマークスキーツアー


歩行:のんびり約6時間  メンバー:太田、岩切、岡村、塚田
場所:北ア・後立山     記 録 日:2005年4月23日