昨日から弱い冬型の気圧配置で、北ア方面は雲が出ている模様。しかし高気圧が移動して近づいてくるので午後はひょっとしたら快晴かな、と思いつつ出かけた。自宅を6時30分に出て、八方ゴンドラ駅に7:15着。やっぱり北アは近くて良い。今日は8時ゴンドラ発、駐車場も無料、周りには山ヤと山スキーヤーが大勢いた。今年のはまだ降雪が少なく、唐松岳ぐらいしか気軽にツアができる場所が無い。はやくガンガンと雪降りになってほしいものだ。
八方ゴンドラ上のアルペンリフト終点8:45〜2500m付近12:45〜八方ゴンドラ駅14:20
浅間山方面の展望

ゴンドラ駅には、雪のかけらも無かったが、一気に兎平まで上がるとさすが雪景色。もう一つアルペンリフトを乗り継いでいく。先行する何組もの山スキーの方たちがいる。ピッケルをもった山ヤの集団さんも何組かいた。雪上訓練の模様である。

シールをつけて八方池山荘に向けて登る。途中振り返ると霞を少しまとった西山の山々の上に浅間山がクッキリ。神城や飯森の集落辺りが輝いていて、ちょっと美しい。八ヶ岳や南アも良く見える。唐松や白馬三山はガスの中だが、もう少し南はかなり天気が良い様である。
スキーヤーが急斜面に滑り込んでいった

ガラカラ沢入口のトイレ小屋横にはテントが二張り。八方池にも一張りある。土曜日から楽しんでいる人達だ。私はひたすら登るものの、なんか左ひざが痛い。最近、寒くなってから何となく痛みみたいなものがあるのだが、、、。だんだんペースが落ちて行ってしまった。
名無沢入口を過ぎて、少し行くと、なにやら北向きの良い斜面にいまからドロップインする方がいた。写真を撮らせて頂いた。私もソロソロ滑りたい衝動に駆られたので、左に広がる感動的な真っ白な南斜面で少し遊ぶことにしました。
その南斜面で、遊ばせて頂いた痕跡

北斜面は、太陽が当たっていないので、なんとなく暗い感じであるが、南は真っ白けで明るい雰囲気。早速、昨シーズン切った靭帯を守るためのサポータをつけてバンバンと滑ります。うーん、重い雪、ですが、約7ヶ月振りの滑りなので満足満足。まだまだ下まで大丈夫そうなのですが、登り返しがキツイので、適当な所で終了。、、、やっぱ登り返しはきつかった。

遊んだ斜面を、上から眺める

遠くには八ヶ岳と南ア(小さくて良く解りませんが)が見えています。素晴らしい展望と今シーズほんとうに最初の滑りに満足し、唐松岳に向けて牛歩する。この登り返しで、これ以降、少し行っては立ち止る牛歩になってしまった。やはり年か、はたまた今日は調子が悪いのか不明だが、エンヤコラしながら先に続くピークに進んでいった。
2316峰の登りから振り返る(疲れているので頻繁に振り返ります。) 

雨飾山、火打山、妙高山、高妻山、戸隠連山、飯綱山が良く見えます。雨飾と火打山には結構雪がついている様でした。飯綱は、さすがにまだ雪がチョッピリ。
2500m付近(丸山:仮称 の向こう側)で撤退。

今日は、どうもこれ以上、天候は回復しそうも無いし、ヤッパ疲れたし、膝もイマチイなので、ここで引き返すことに決定。唐松岳がガスの切れ間から顔を出したり引っ込んだりとしている。唐松岳山頂まで行けば、剣の大展望が待っているかもしれないが、まだ次回にとって置いておく。
さて、いよいよ帰路の滑降である。今日は2316峰から名無沢方面に滑り込んでみるコースで行くとする。
その2316峰の東斜面は、思いのほか、パウダーで無かったが、何とか滑って名無沢に入り込んだ。ただし、登り返しがイヤなので途中からトラバースしてインチキをしてしまった。
八方池南側斜面に滑り込むスキーヤー

2130m付近の平な林間の場所で、昼食。と、南側にでっかく広がる真っ白け斜面に滑っていく人がいる。どうやら上の二番目の写真の人みたい。でっぱり岳樺をアングルに入れてパチリ。八方池南側斜面にはたくさんのシュプールが残されていた。皆さん きっと満足なことでしょう。
八方池山荘上からの白馬三山

今日は、最後まで顔をドバッと出してくれなかった白馬の山々だった。自宅に帰り、二階から見える北アは、やはり槍ヶ岳などの南方面はバッチリと夕焼けを背景に黒々と見えていましたが、鹿島より北は雲の中の様でした。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

唐松岳2003 2500m付近まで テレマークスキーツアー


歩行:5時間35分     メンバー:単独
場所:北ア        記 録 日:2003年12月14日