ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

北アルプス 裏銀座縦走(春山)


歩行:                     グレード:★★★
場所:長野県                記 録 日:
GWの裏銀座ルートは、ほとんど歩く人もおらず、双六小屋まのでは全く静かな山行となった。途中水晶では一夜の嵐にあって、ガタガタと強風の中過ごした。

偽烏帽子と立山 野口五郎岳 高瀬ダムでザックカバーを強風にもってかれてしまった。幸先が悪いスタートとなる。ブナクラ尾根はしんどい。やっとたどり着いた烏帽子の冬季小屋の中にテントを張った。
GWの水晶岳遠望 GWの鷲羽岳 雪の上を歩くと、ズボズボと表面が抜けて、からだ半分程埋まる事度々。三俣まで行く予定であったがも、とてもたどり着けない。天候も崩れてしまった。水晶小屋の便所(??)を強風しのぎの壁ととしてテントを張った。
丸山と笠岳 GWの笠岳 三俣蓮華岳へは、雹の降る中を到着。三俣小屋への下山中どんどん雹が激しくなってルートを見失った。再度山頂に引き返した。しばらく待つと三俣小屋がガスの切れ間に現れ、いっきに下山。小屋まで着くと快晴になった。すごい天気の急変。以降快晴続き。
双六岳山頂より 双六の天幕場で他支部の山岳部メンバそろっていた。立山からスキーで来る予定のメンバも到着し、盛大に宴会をした。
翌日は、槍経由で横尾まで下山した。(槍には登らず)