今日は天気が良い!!。ピーカンである。今まで北ア北部は全く天気が悪かったが今日は自宅からも見えている。もうこうなったら北ア北部方面に行きます。雪もどうやら安定していそうなので、前から予定していた一ノ背髪から犬川に滑り込む急斜面を先ずは目指します。山渓か岳人にも記事が出ていたので大勢の人が目指しているかなぁと思いつつ向かいます。自宅発8時50分です。
◇地蔵の頭10:35〜一ノ背髪1892ピーク11:07〜南東沢と尾根〜犬川出合11:30〜スキー場ゴンドラ乗場11:50
一ノ背髭の南東斜面(向こうは小遠見山)

ここを滑ります。もう既にドロップして気持ちの良いシュプールが数本あります。斜度最大で40度程度でしょうか。こんな感じのまま約500m下まで滑り込んでいきます。雪の状態が悪いと雪崩っぽい所ですので注意ですな。どこかでも南東斜面に入り込みますが1892mのポイントを目指してあと一汗です。
五竜岳と遠見尾根

1892mのピークです。今日の五竜はヒマラヤヒダも見えていて格好よいです。遠見尾根で山頂を目指している人たちはちなかんったですね。どうやら一ノ背髪の北尾根を平川に滑る人たちが7割、小遠見方面まで足を伸ばしている人たちが2割。後はこの南東斜面をガーっと滑り込む人たちです。
南東斜面を見上げる、こんな感じです。

中間辺りの斜面の様子です。所々ある岳樺が雪崩アンカーなので木があるところに近寄りながら滑ります。

この後は斜度も緩んで犬川本谷に出合います。出合より小遠見山の東面が鋭いヒダを見せて見えていました。犬川右岸を行き堰堤を越え、少し行き左岸に渡ります。ここではスキーを取って横断し登って林道にでます。このまま滑って行けばスキー場に戻れる楽チンなスピーディコースでした。
さて、あんまり早かったのでもう一本行きますか。

ホーム]に戻る
一ノ背髪(南東斜面コース)〜犬川1892mテレマークスキーツアー


歩行:1時間15分  メンバー:単独
場所:北ア      記録日:2006年1月9日