ホーム]に戻る

北摂の山の縦走 第三段 勝尾寺〜最勝ヶ峰540m〜五月山〜池田 約25km程度かな 


■記録日:2014年7月20日 ■5時間程度か、実測せず ■場所:近畿(北摂)
■メンバー:単独 ■装備:特になし

1年ぶりの北摂の山縦走の第三段は・・・、と迷った末にここに決定。要は関西の山旅の線をつなげる企画です。今まで須磨浦海岸から宝塚、妙見山から千里中央、ポンポン山から勝尾寺経由の千里中央は歩いている。さらに嵐山から愛宕山そして上賀茂神社付近、比叡山から大原三千院もやっている。目指すのは神戸から歩いて京都についた、だが、これもほぼ終わったも同然なのでいろいろ考えないと。
◆阪急北千里駅〜外院尾根〜勝尾寺〜最勝ヶ峰〜五月山〜阪急池田駅
外院の旧道で勝尾寺へ。そこから北摂霊園方面に登り上げて縦走路に入った。勝尾寺の読経が聞こえてくるからを開成皇皇子墓へ。知らなかったがここは最勝ヶ峰といったこの付近の最高峰だった。宮内庁が管理しているお墓であった。先に進んで箕面ダム方面に下り、国道を登山道の橋で渡る。堂屋敷山へ再度登り上げていくと、去年歩いた道に合流した。これで妙見山方面とも繋がったことになる。

大阪の高層ビル群
堂屋敷山付近で車道にでると、そのまま単調な車道になってしまう。登山道は無いので仕方なくゴルフ場を2ヶ所通り過ぎていく。五月山公園への下りの道標が目に付いたのでそれへ入ると一応登山道となる。登山道終了点上で写真の大阪のビル群の見渡せる場所があった。就職して用事に大阪に来た1984年には高層ビルは梅田に低めのがあっただけだが、今はこんなにありますね。
さて、ここから少し迷って池田駅で終了。途中に池田城があった。存在そのものも知らなかったので勉強となった。