ヒヨは近いのだが、一度しか行っていなかった。その時はヒヨから東尾根を滑って栂池スキー場に戻る、と言うこれまた安易なコースだった。親沢源頭は天狗原から滑って楽しんでいるが裏ヒヨを滑って、のコースは何故かやっていなかったのでやっつけに行ってみた。今日は午後から天気は悪いらしいのでそうそうにヒヨのコルから滑ってそそくさと1598に登り返してもどろうと思って出かけた。が、栂池スキー場は久しぶりの満員御礼状態、えらい並んでゴンドラ乗車となり、降り場につくとすでに曇天、雪も散らつき始めていた。
◆栂池ゴンドラ上10:59〜ヒヨのコル上11:40/50〜表ヒヨ滑走〜早大小屋〜栂池ゴンドラ上12:05
ヒヨのコル上(1900m)地点

散らついていた雪も林道で早大小屋付近となると、かなりの勢いで降ってきている。が、まだ展望はありそうなのでヒヨのコルを目指した。トレースがあり楽だが。新雪は30cm程度だろうか、その下に若干の層がありそう。ヒヨのコルにダイレクトに行かず結構上うの方にトレースが延びているがラッセルよりはマシと言うことで素直に追っていくと前方にお一人。コルに着くともう裏ヒヨ方面は全く展望なし。・・・こんな日に行ってもつまらんし、と言うことで表ヒヨ滑って帰ろうと方針変更。この登ってきた表ヒヨも滑ったこと無いからいいかぁ的な判断です。
表ヒヨ下部よりの神の田

お一人方は結局、コルから裏ヒヨに滑って行きました。1598mへの登り返しがトレースが無いとつらそうですが・・・。
表ヒヨの斜面は疎林帯でなかなかヨロシイ感じです。まっ、底ありパウダー状態で少し残念です。神の田付近まで滑り降りるとかなり底が着く感じでした。その後、とにかく一気にスキー場に滑り込み、そのまま下まで滑って終わり。スキー場は圧雪してあるのでBOLDよりTM22の方が楽しそうに滑れたと思いました。BOLDはあまりスキー場には向いていないかな。

ホーム]に戻る
表ヒヨ1900m  天候急速に悪化につき裏ヒヨを止めた テレマークスキーツアー 


■記録日:2008年2月9日 ■歩行:1時間6分 ■メンバー:単独
■場所:北ア ■装備:板/VectorGride BOLD(175cm) ,靴/SCARPA T2