雪融があちこちで進んで、そろそろ今シーズンも残り僅か。毛勝方面を考えていたら仲間が燧岳と言う、まだこの山は滑ったことが無いので決着。今回はゲストとして小室さんも参加。燧に登っていた時間よりもバーベキューと酒を飲んでいた時間の方が当然長くなった。天気は上々であったが、春霞がかかったような天気であった。下山後の檜枝岐駒ノ湯は500円。露天風呂もあります。
御池7:15〜広沢田代7:56/8:10〜熊沢田代8:40/50〜俎ー直下9:45/10:08〜俎ー山頂10:10/20〜柴安ー山頂10:35/10:45〜俎ー直下11:10/30〜御池12:50
自宅を1時過ぎに出発。小出・只見経由で御池を目指すがはたしてどれくらい遠いのか皆目検討がつかないので待ち合わせの6時に余裕をもったつもりで出発した。しかし遠い、特に小出からが遠い。結局片道250km、到着は5時30分であった。

小室さん、太田さん・佐藤さんと6時過ぎに全員集合し、朝飯を食べてシール登行を開始。駐車場の横から雪は繋がっている。今日は0℃以下に冷え込んだので雪面は固い。
駐車場横からの斜面を登り切ると広沢田代に着く。ここからは会津駒が美しいはずだが、春霞でぼんやりとしか見えなかった。
熊沢田代と燧岳

広沢田代からひと登りで熊沢田代となる。熊沢田代へはシールをつけて少しの下りである。ここからの燧の眺めは素晴らしい。
熊沢田代で僅かに雪が切れる。シールをつけたままスキーで木道を行く。これぞ尾瀬??
燧岳への最後の登り

熊沢田代からの少々の樹林帯を越えると燧岳山頂に連なる大バーンとなる。雪も緩んでシールで登り易い斜面である。
俎ー山頂からの柴安ー山頂

柴安ー山頂は2356mで俎ー山頂より10m高いことになっている。柴安ー山頂からスキーで滑れるが持って行くのが重いので俎ー山頂直下の雪が残っている所にデポした。俎ー山頂からは尾瀬沼が良く見える。尾瀬沼はまだ凍っているのか雪が浮いているのか、白くなっていた。

柴安ー山頂への登り

柴安ー山頂は俎ーより一旦下り急な雪斜面をキックステップで登る。柴安ー山頂からは春霞の至仏岳と尾瀬ヶ原が見渡せる。尾瀬ヶ原はちょうど雪融け真っ最中の様である。白い雪原に流れる小川にそってダンダン雪が割れている。
柴安ーからの下りの急な雪斜面は、尻セード。グリセードと思い思いのスタイルで滑り降りた。
さて、いよいよ滑降開始

小室さん、太田さん、佐藤さんと順々に大バーンに滑り込んでいった。
狂喜乱舞。皆勝って勝ってに滑っていきます。・・・でドンドン小室さんがあまりにも楽しいらしく先行して滑っていってしまいます。〜、あー、そっちはコースじゃないよ。で、捜索隊出動と相成りました。
熊沢田代から見上げる山頂直下の大バーン。

豆粒の人でにぎわっている。山スキーの銀座状態かも知れない。
小室さん細身テレ板でガンガンと行く

もどって来た小室さん、やはり張り切ってます。広沢田代から駐車場へ最後の斜面である。快適バーンとは言えないが、今日最後の斜面を楽しむのだ。
バーベキューと酒大会

駒ノ湯で汗を流した後は、七入の河原の駐車場で宴会。やっぱ、これに限る。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

燧岳テレマークスキーツアー


歩行:5時間35分    メンバー:小室、佐藤、太田
場所:尾瀬周辺    記 録 日:2003年5月10/11日