ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

稗田山1443m 2004年1月12テレマークスキーツアー
 大崩落斜面は見学だけで終わってしまった。


歩行:3時間10分  メンバー:単独
場所:北ア      記録 日:2004年1月12日

1/10の山ノ神は天気が悔しいので、また少しだけ垣間見えた稗田山の大崩落斜面が気になるので出かけた。うまくすれば稗田山の大崩落斜面を滑り込んでみよう、と思ったがコルからはあまりに急で不可、あちらこちらと下降点を探したが、滑り込み可能な下降地点が解らず。弱層もあって止めた。しかし、素晴らしい急傾斜の向こうには広々とした金山沢。展望だけ楽しんだ。稗田山から急なブナ林を黒川沢右俣に滑り込んだで帰った。きっとコルから上の方が傾斜はゆるそうなのでそっちか?
白馬乗鞍スキー場10:20〜黒川沢右俣〜コル11:30/50〜稗田山12:30/40〜黒川沢右俣〜白馬乗鞍スキー場13:30
黒川沢右俣コル手前のブナ林

10日夜の新雪が20cm程度だろうか積もっている。白馬乗鞍スキー場の一番北寄りのリフトで一本上がり黒川沢の林道に入る。何人かの下りのトレースがあり、ラッセルをせずに助かる。
堰堤は10日の逆の順序で越えた。黒川沢右俣に入るとまだ下りトレースがあるので助かる。途中でトレースは稗田山へと向かっている。コルチナから来た人達の様である。
コル間際になるとブナの枝が樹氷になっていて とても綺麗である。
コルからの1534峰と崩落斜面(ここは緩い方)

コルからの崩落斜面が見える。しかし赤倉山からの崩落斜面は良く見えるが、稗田山の斜面はよく見えず、絶壁になっているところもある。いったいどこからドロップすれば良いのか検討がつかない。おまけに20cm程度したに弱層がある様である。まだ死にたくないので今日は大崩落斜面はあきらめることにした。
稗田山(右)と高妻山(左奥)

稗田山は左が絶壁も右が急傾斜のブナ林である。崩落斜面の淵を辿って稗田山方面に進むが、下降可能な滑降地点はみつからず。いったいどこから滑降すれば安全かさっはり解らない。下には素晴らしいブナ林が広がっているのが確認できるが、実に惜しい惜しいのである。
稗田山山頂より

高妻山から東岳への山脈か続く、下にはコルチナスキー場が見えている、地図では確認できなかったがコルチナのリフト降れば、ここのコルへは30分程度で越えられると思う。稗田山山頂は足元が悪く、長くは居たい場所ではない。
雨飾山から火打・標高の山脈

左下が崩壊が堆積して平になったところである。この平なところま火打と雨飾山は真っ白け状態、来週あたりにはソロソロ妙高方面も雪が豊富にあってツア向きの様である。

稗田山からの滑降

急なブナ林であるが、雪は重めパウダーなので滑れる。ここを忠実に滑り下って行くと、すぐ黒川沢右俣に滑り込む。あとは来た道を戻れば良い。
帰りの堰堤越えは、堰堤を越さず、堰堤をくぐって対応した。