ホーム]に戻る

八方尾根 八方沢源頭の右俣と左俣  テレマークスキーツア 


■記録日:2010年11月20 ■行動時間:5時間弱程度 ■場所:北ア
■メンバー:単独 ■装備:テレマークスキー(板/ATOMIC TM22、靴/スカルパT4)  

今年こそは立山室堂と誓っていたのですが、週末からお客様にて障害もあり室堂にとても入れる感じではありません。とは言うものの私として直接何かすることは無いものの、何かあったら出勤しなければならない感じなんです。とは言え。ずっーと言えに居てもしょうがないので携帯電話が確実に繋がる八方尾根にて初滑りを楽しもうともくろみました。・・・結局去年と同じですが。
その八方尾根で何度か携帯のやりとりをしながら登って行きます。八方尾根のゴンドラは本日から営業開始ですがリフトは一つも動いてません。仕方ないのでゴンドラ降場の兎平から板を担いで登ります。雪は多少ある程度で、昨年より少ない。果たしてどこまで行けば滑れるだろうか・・・。
■コースタイム
八方ゴンドラ〜八方山荘〜八方池付近の尾根〜八方沢右俣源頭〜登り返し〜八方沢左俣源頭〜登り返し〜八方山荘〜八方ゴンドラ
八方沢右俣源頭

で、雪が付いてた付いていなかったりするゲレンデを登り八方山荘に到着です。雪は増えてきているもののとても滑れる程では無い。ミックス源頭もこりぁアカンと言う感じ。まぁもう少し行きましょう。・・・
八方ケルンのトイレ小屋を過ぎて尾根に登ると、八方沢の右俣源頭が広がります。ここは滑れそうです。岩を踏むかもしれませんが何とかなる感じです。早速準備して今年の初滑り実施。雪はウインドクラストのザラメでして快適に滑れました。標高差150m程度で源頭の底に到着。なかなか素晴らしい。岩を踏むことはありませんでした。
八方沢左俣源頭

登り返します。尾根に出たらもう少し先まで行きます。時間もまだ早いので今度は左俣を滑ってみます。右俣より良い感じです。さて、ここも超快適モード全開で滑れました。少々雪が重いですが、なんのそのです。同じく標高差150m程度で底に到着です。快適なシュプール痕を刻んでおきました。
まぁ初滑りはこのぐらいで許しておく事にして帰りましょう。帰路もゴンドラまで歩きですから。
白馬三山

途中八方池では天幕の方達が何組かいました。皆さん初冬の雪山訓練でしょうか。まぁ八方池付近は天幕張るには良い場所です。